和装コートとして着ないのでブラウスにリメイク 先ず解体から 

IMG_3330

もう和装コートとして着ないので ブラウスにリメイク(変身)先ず元の反物に戻します。

和装のコートは着物の上に着るので 色、柄がとても華やかで着る場所や年齢を選んでしまいます。

車社会になっているので、着物は着てもコートを召してのお出かけは滅多にありません。

ある時期の親御さんは娘の幸福を願って必須であるとの、思い出で和装のコートを準備をしていますが

日の目を見ずに箪笥の奥の奥にねむっています。

洋服にすれば着るチャンスも多くあり引っ張り出してみると以外に ブラウスなどにリメイク出来る物もいっぱいあります。

どなたも なにかしら眠っている着物はお持ちのはずです。一度お探しされてはいかがでしょうか?

 

そこで 今回は 和装コートから ブラウスにリメイクする工程をお教えいたします。

 

先ず解体

着物は仕立て上がり順序がありますので その逆〜解体をして行きます。

袖を外す → 衿を外す → 裏地を外す → おくみ(前立て)を外す → 脇縫い外す → 背縫い外し →裏地も同じ

の順に外します。

着物の仕立ては要、要に 止め と言う技法でしっかり外れない様に止めてありますので生地を傷めない様に糸を外します。

バラバラになって生地をつなぎ合わせて元の一反の様な形にします。

ゆのし(蒸気で縫目を消す)や汚れがあればクリーニング(洗い)に出します。

ゆのし 洗いは クリーニング店が扱ってくれます。

 

お持ちの物から リメイクで 以外に素晴らしい物に生まれ変わる場合があります。

リメイクに挑戦されてはいかがでしょうか

順次、仕上げの様子をお知らせいたします。

色々不安がある方はお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

リメイクでよみがえる 着物コートからブラウスへ

IMG_3038

リメイクでよみがえる 華やかな着物コートからブラウスに作り変えします。

和装離れが長い間続き 昨今は着物を準備される方も少なくなりました。

昭和の時代にお嫁入り道具として準備されていた物は一度も着る事も無く深く箪笥で眠っています。

特にコート類や羽織は着物柄より華やかで益々遠ざかっています。

今回 思い切ってブラウスにリメイクをし作り変えをしてみます。

和装の羽織や道行は着物より華やかな色と柄が多く 現代の活気ある方々には少し抵抗があるかもしれませんね。

そこで単独でも羽織れるオーバーブラウスに作り変えをします。

最初の準備が 着物、道行の解体(ほどき)からになります。

ブラウスになるまでの工程を順にアップして行きます。

オーダーでのドレスのパターン確認はボディーに合わせます

patan-1

オーダードレスのパターン確認
デザイン、シルエットはオーダーする方々に合わせて作りますが 基本はボディーに添っているか、どうかになり確認は大変大事な工程になります。

オーダーを頂いてから サイズ確認後パターンを制作します。

デザインの違いや体形はそれぞれ異なりますが 基本はボディーに添っているか否かで着やすかったり着にくかったりします。

立体から作るパターンはそれほどずれませんが 平面からのパターン作成は左右、前後の接ぎ目にずれが出る場合があります。

全体のサイズ、ゆるみは十分でも接ぎ目のずれは 着にくかったり 動きづらかったりする場合もあります。

ですからサイズの大小にかかわらず 基本のボディーにすっぽりと入るかどうかの確認が必要になります。

 

演奏用のドレスを制作する場合はボディーに合う基本型に各楽器に合う運動量がプラスになってきます。

服作りのボディーは人体の構造を大変良く研究されていますので これらのボディーを除外しての服作りは出来ません。

どのようなドレス作りもボディーを基本にゆるみ(ゆとり分)がプラスされ
又演奏用のドレスの場合は演奏者の演奏する姿勢や、くせまでもドレスの中に含めなければなりません。

パターン制作途中でボディーに合わせる工程は接ぎ目が ボディーに添っているかを確かめています。

トータルのサイズ、ゆとり分が十分であっても 接ぎ目がずれていると 体にきつさを感じたり、動きづらさを感じたりします。

ドレス美露土では 必ず制作途中に仮縫いを入れる事 は演奏者が着やすく、演奏しやすいドレスをお召し頂きたいからです。

ドレスは高価な物で どなたからか譲り受ける事も多いはずですが そのままお召しになる前に
特に演奏用のドレスの場合は、安心した演奏会の為に 着合わせ、着心地 のご確認が必要ですね。

ちょっとしたお直しで大変着心地の良いドレスになります。

サイズが着る人に合っていると 安心した演奏会になりますね。

ドレスのお直し、サイズでご質問があれば お気軽にご連絡ください お持ち致しております。

 

 

 

 

ドレスに付く装飾の大振りの花(コサージュ)もパターンを作ります

500-hana

ドレスの装飾の大振りの花(コサージュ)はイメージで作りがちですがパターンをきちんと作ればより良い仕上がりになります。

ドレスの全体の大きさからのコサージュ作り 先ずはイメージで作ってみます。

オーガンジーのバイヤス断ちで花びらを一枚ずつ構成しますが オーガンジーの生地の張具合によりイメージも異なってきます。

写真は ソフトな薄地のオーガンジーを使用しています。

ドレスの全体のイメージにもよりますので チュールを芯に合わせて作る場合もあります。

ドレスの裾部分に付くコサージュで直径55cの花を仮に作ってみました これをどのような表情の花に仕上げるかは これをパターンに展開しながら 枚数と合わせ検討します。

コサージュといえども きちんと基本パターンを作ってあれば 花びらの表情がどのように展開したいかが解ってきます。

これはご依頼のコサージュのパターン作りになりますので 基本パターンがあれば後は ご自身のイメージをプラスしてより良い者になるはずです。

装飾品は作り手のイメージがそのまま出て 2個3個と作る内に段々形が変わるものですが 基本のパターンがあればほぼ 同じ表情のコサージュができます。

小さな物もパターンを作る事は大事であると思います。

何かご質問があればお気軽にお問合せくださいませ。 

ウエディングドレス ドレープのパターン作り

ウエディングドレス ベアトップのドレスが支流の昨今 身頃をいかにデザインを豊にするかが勝負になりますね。

着る人の顔に近いトップの部分はドレスの顔になります。

素材、装飾、そして生地のテクニックなど ドレスの小さな身頃部分ですが そのドレスの大事なイメージを作り上げます。

写真は身頃に斜めドレープを入れ その流れの方向が腰部分にあつめ 螺旋を描くようにスカートの先へと流れるようなドレープをボディーに添って作っています。

バイヤス地のドレープはそのサイズに合ったボディーに合わせでドレープの分量、方向を決めます。

ボディーから外したドレープを 広げでパターン用紙に写し 後ろとのつながり具合をみながら 正式なパターン作りをして行きます。

素材、デザイン、サイズによりドレープの分量は変わりますので そのデザインでのパターン作りが必要になります。

パターン作りなどで ご相談がありましたら お気軽にお問い合わせください。