夏のリゾートコンサートに友禅柄入りワンピースドレスはいかがでしょうか!

usiro-2

夏のコンサート、リゾート地での発表会に遊び心のある身軽なドレスはいかがでしょうか?
演奏する人も聞く人も同時にお洒落に楽しみたいですよね。

遊び心のある楽しいドレスのご紹介です。

いつもステージ上で演奏を披露されている方々も 夏のシーズンの野外やリゾートでは聴衆者の方々と一緒に楽しみたいですよね。

そんなシーンに合うドレスをつくってみました。

ポイントは 衿ぐりで 手描き友禅でイソップ物語の「北風と太陽」をモチーフにしてみました。

衿ぐりがお洒落で楽しさを表現しています。

衿ぐりをキルテング風に厚めを付けて 衿ぐの形が変わらない様にして全体のドレスを形状しています。

本体のドレスはカラミ模様のジョーゼットを使用して 軽くシワにならない 身軽に羽織れるドレスにしています。

フリーサイズのワンピースドレスです。

リゾート地でのお召し物は露出が多くても良く 年代層も若い方からシルバー層まで幅広くお召しになれます。

夏の夜はチョットと楽しいお洒落な冒険心が嬉しいですね。

 

 

 

 

手描き柄のワンポイントのジャケット絵柄が楽しいです。

700-11

手描きのワンポイント柄はジャケットに遊び心を取り入れたお洒落な一着です。
フォーマルにもカジュアルにも組み合わせ自由で ブルーが黒に映えます。

透け感のあるジャケットはフォーマルにもカジュアルにもご自由に着こなせます。

フォーマルな会場に遊びと楽しさが提供できます。

黒のカラミ織りのジャケットにポケットのみにアクセントを付けました。

イソップ物語りを友禅出で描き ブティー技法でキルティングの様なふくらみを持たせています。

ポケット周りと袖口にジョーゼットのフリルが付いています

ポイントは絵柄をそのまま ポケットに張り付けたのではなく ブティー キルテングのようなふくらみを待たせたポケットにしています。

ミセスのお洒落な一着は手の込んだ物がお薦めです。

黒地とブルーのコントラストがお洒落になっています。

遊び感のある絵柄は 若い人よりややミセスの方が着こなし上手ですね。

一点品 サンプルとして作りました。 フリーサイズ

 

有松の手絞り加工を シニア層向けのドレスに作りました

2009_0903kincaku0023

日本の伝統技術 有松の手絞り加工をドレスのパーツに使用しました。

日本を代表する和装の世界で確率した有松絞りを薄いドレス生地に絞りを置いてもらいました。

シニア層の方々のパーティーや演奏会などになりますと こだわりの一点物を召されているお洒落な方々を時々お見受けします。

いつも演奏する側のドレスをご提案していますが 今回は演奏を楽しむお客様側に添ったものをご紹介します。

生地のこだわり 絹や綿布で永年絞り加工産業地 有松(名古屋)で薄地のサテン生地(ドレス用)に手絞りをして頂いた生地をシルバー向けのドレスに使用してみました。

技術が高度であれば どうしても年齢層の高い方々向けになってしまいますので ドレス全体ではなく パーツ使いにしてみました。

日本には各産地に伝統品、技法が存在していますが
昨今は機械で簡単に再現できる高度な技術で作られ お値段も安くて手に入りやすい物が多く出ております。
それなりに流通も有り良い事だとおもいます。
本来の伝統工芸で丁寧に手作りされた商品が今日風の形にして知ってもらいたい気持ちから この様なドレスをつくってみました。

ドレスになると限られてしまいますので チャミソールやブラウス使用などにすると身近になりますね。

技術の高い有松産地の絞り技法は どんな生地にでも加工出来る技術の高さがまだ存在しています。

高価な物になってしまうと奥にしまってしまい 目に、手に触れる事が少なくなり忘れられてしまいますね。

生地はいつかは劣化しては骨董品ではないので 普段にも使用出来ないかと 小物をつくってみました。

光沢のあるサテン生地はそれなりの存在がありますが 絞り加工を入れるとより以上の豪華さと面白さが出ます。

小物はどんな物にも合いますので お薦めの一点です。

 

シルバー向けの演奏用ドレスに ビーズ刺繍をつけました

600-1

品の良い装飾 シルバー層の方々向けドレスにビーズ刺繍を付けました。

ご趣味で始められる音楽活動 色々の場面での発表会のご依頼も多く発生しますね。

そして 嬉しいのはドレス着用での演奏会、発表会もまた楽しみでもあります。

ところが 和装と違ってシルバー層の方々向けのドレスは市場では大変少ないものです。

色や素材が若い人向けに制作されているからです。

色々なキャリアを積まれた シルバー層の方々向けには やはり オーダーでのドレス制作をお薦めしたいものですね。

演奏用のドレス生地には 風合い、色、地模様など 年齢に合う素材や色が一番品良く見えます。

生地そのままでのドレス仕上げりも素敵ですが 華やかさが少しあるとより良く見えので 今回は衿ぐりにビーズ刺繍をしてみました。

 

シルバー層向けに品の良いビーズ刺繍はお洒落です。

装飾品は ビーズ刺繍、スパンコール、ブレード、などが一般的ですが 少し時間のかかるビーズ刺繍はとても品の良い物にあがります。

ステージ映えするのはスパンコールですが 元気な若いエネルギッシュな方々には似合いますね。

シルバー層の方々の品の良い演奏には 生地色と同系色のビーズ刺繍をお薦めします。

演奏にしか着用出来ないドレスより パーティードレスとしてもお召し頂けるドレスはとてもお得で お召しになる機会も多く
愛着が沸きますよね。

ビーズ刺繍の柄や色などお好みに合わせて 取り付けております。

 

 

 

 

シニア向けドレスに脇プリーツを入れました

700-wakip

ロングドレスやロングスカートの脇にプリーツのパーツを入れるとピアノ演奏など座っての演奏姿勢がとても綺麗になります。

一般に市販されているタイトのロングスカートには足さばきの動きに合うようにスリットやベンツが多くデザインとして作られています

それ成りにとても綺麗なスタイルですが こと、ピアノ演奏やヴィオリン演奏など演奏用ドレスにお召しになると足の素肌が見えびっくりする事が時々あります。

特にシニアの方々の演奏会では足部分を覆う方が安心出来るのではないかと考えています。

すっぽりと大き目フレアーのスカートで覆うのも又 若いデザインになるのでお薦めできません。
セミフレアーや又はタイトスカートはシニアの方々には品の良いデザインですが これが演奏用ドレスになると、とても窮屈になります。

そこで シニア向けの演奏用ドレスやロングスカートの脇にプリーツを入れ動きを楽にして そして綺麗に見える工夫をしてみました。

 

ドレスの脇のプリーツ部分は機能的で装飾性でもあります。

ロングスカートのベンツやスリットの動きの分量をプリーツのパーツで表現したものです。

ドレス本体の共生地でも表現出来ますが よりソフトにしなやかにしたいので ソフトジョーゼットのプリーツで作ってみました。

生地は大変ソフトなので プリーツの奥ヒダのミシン目に注意しなければなりません。

表のプリーツ部分が広がる機能性を重視していますので 裏地にも広がる分量が必要になります。

表のプリーツ生地が透けない場合は 裏地に簡単にスリットを入れれば良いのですが 今回の様に透ける素材は広がりの分量を裏地に持たせる工夫が必要になります。

シニアの方々の演奏用ドレスにはお薦めのデザインになると思って制作しています。