加賀刺繍をプラスしてカジュアルな素材から華やかなドレスに変身

IMG_2527

生地本来にフォーマル向けの華やかな素材がありますが オーガンジーを重ね、
そこに加賀刺繍をプラスして華やかなドレスをつくりました。

加賀刺繍(日本刺繍)は着物に刺繍を置きモチーフも和装に合うものですが その技法を生かしリボンなど刺した表現をしてもらいました。

服地の素材は巾広く フラットなものから縮や凹凸が無数にあり 生地だけでも面白い表現が出来ますが
華やかさが欲しいフォーマルなドレスにはどのような方法があるかと考え 一番には装飾を付ける事と思い刺繍技術者にお願いしました。

 

日本刺繍は糸だけの表現で何百の技術の表現方法がありますが総て表面はフラットな仕上がりになっています。

それは和装は狭い場所での立ち居振る舞いが可能な為 着物姿は座ったり立ったり体をひねったりのしぐさで 畳や襖を、又隣の人に影響がない様との事から 着物に立体的な装飾付けない事が条件です。

ですから 技法は大変綺麗で緻密に仕上がっています。

 

ところが洋装の装飾はフリルやリボン、ストーンなどボリュームいっぱいに付けて華やかさを出しています。

そのような感覚で洋装を見ていますので 緻密な日本刺繍は技法は高いがちょっぴり華やかさに欠ける為寂しくなってしまいます。

 

遊び感覚の立体表現が出来るリボンをひねりながら刺してもらいました。

技法の高い日本刺繍と手芸のリボン刺繍を合わせて表現をしてみました。

 

ベースには光沢の輝きのあるオーガンジーを置き 生地の遊び分を取り入れています。

本来の生地がカジュアルな素材でも 光沢面を出す事や 装飾部分を変化する事で
華やかなフォーマル、パーティーウエアーに表現する事が出来ます。

ドレスの様な大きなものは中々抵抗がある時は ブラウスなど小さなパーツにご利用頂けると面白く遊び心が生まれます。

 

 

黒刺繍入りドレス 海外で注目される日本刺繍入りパーティードレス

800-sisyuu

一点物の黒刺繍入りドレス 海外のパーティーやクルージングパーティーなどにお召し頂けるワンランク上のドレスです。

帯、や着物に刺繍をされている伝統工芸者の方にドレスのウエスト部分に刺繍を入れてもらいました。

ドレスは黒のシルクジョーゼット ウエウスト部分は黒シャンタン地を使用しています。

ウエスト部分のみ日本刺繍で「雪に笹柄」でポイント柄にしています。

海外でのパーティードレスではチョット日本風のモテーフがどこかにあるととても会話が和み印象の良い結果が生まれると聞いています。

昨今クルージングもカジュアル化していますが

お洒落にパーティーに参加する事も多くありそうなので このような品の良いドレスのご紹介です。

既成品では中々見られない そのサイズにそのドレスの雰囲気に合ってた部分に手刺繍(伝統工芸士作)を置いてみました。

全体にはシンプルですが 和服の帯のイメージがあり

日本人に合うドレスとしてご提案いたします。

軽く、持ち運びやすいドレスに仕上げています。

 

 

 

 

夏のリゾートコンサートに友禅柄入りワンピースドレスはいかがでしょうか!

usiro-2

夏のコンサート、リゾート地での発表会に遊び心のある身軽なドレスはいかがでしょうか?
演奏する人も聞く人も同時にお洒落に楽しみたいですよね。

遊び心のある楽しいドレスのご紹介です。

いつもステージ上で演奏を披露されている方々も 夏のシーズンの野外やリゾートでは聴衆者の方々と一緒に楽しみたいですよね。

そんなシーンに合うドレスをつくってみました。

ポイントは 衿ぐりで 手描き友禅でイソップ物語の「北風と太陽」をモチーフにしてみました。

衿ぐりがお洒落で楽しさを表現しています。

衿ぐりをキルテング風に厚めを付けて 衿ぐの形が変わらない様にして全体のドレスを形状しています。

本体のドレスはカラミ模様のジョーゼットを使用して 軽くシワにならない 身軽に羽織れるドレスにしています。

フリーサイズのワンピースドレスです。

リゾート地でのお召し物は露出が多くても良く 年代層も若い方からシルバー層まで幅広くお召しになれます。

夏の夜はチョットと楽しいお洒落な冒険心が嬉しいですね。

 

 

 

 

手描き柄のワンポイントのジャケット絵柄が楽しいです。

700-11

手描きのワンポイント柄はジャケットに遊び心を取り入れたお洒落な一着です。
フォーマルにもカジュアルにも組み合わせ自由で ブルーが黒に映えます。

透け感のあるジャケットはフォーマルにもカジュアルにもご自由に着こなせます。

フォーマルな会場に遊びと楽しさが提供できます。

黒のカラミ織りのジャケットにポケットのみにアクセントを付けました。

イソップ物語りを友禅出で描き ブティー技法でキルティングの様なふくらみを持たせています。

ポケット周りと袖口にジョーゼットのフリルが付いています

ポイントは絵柄をそのまま ポケットに張り付けたのではなく ブティー キルテングのようなふくらみを待たせたポケットにしています。

ミセスのお洒落な一着は手の込んだ物がお薦めです。

黒地とブルーのコントラストがお洒落になっています。

遊び感のある絵柄は 若い人よりややミセスの方が着こなし上手ですね。

一点品 サンプルとして作りました。 フリーサイズ

 

有松の手絞り加工を シニア層向けのドレスに作りました

2009_0903kincaku0023

日本の伝統技術 有松の手絞り加工をドレスのパーツに使用しました。

日本を代表する和装の世界で確率した有松絞りを薄いドレス生地に絞りを置いてもらいました。

シニア層の方々のパーティーや演奏会などになりますと こだわりの一点物を召されているお洒落な方々を時々お見受けします。

いつも演奏する側のドレスをご提案していますが 今回は演奏を楽しむお客様側に添ったものをご紹介します。

生地のこだわり 絹や綿布で永年絞り加工産業地 有松(名古屋)で薄地のサテン生地(ドレス用)に手絞りをして頂いた生地をシルバー向けのドレスに使用してみました。

技術が高度であれば どうしても年齢層の高い方々向けになってしまいますので ドレス全体ではなく パーツ使いにしてみました。

日本には各産地に伝統品、技法が存在していますが
昨今は機械で簡単に再現できる高度な技術で作られ お値段も安くて手に入りやすい物が多く出ております。
それなりに流通も有り良い事だとおもいます。
本来の伝統工芸で丁寧に手作りされた商品が今日風の形にして知ってもらいたい気持ちから この様なドレスをつくってみました。

ドレスになると限られてしまいますので チャミソールやブラウス使用などにすると身近になりますね。

技術の高い有松産地の絞り技法は どんな生地にでも加工出来る技術の高さがまだ存在しています。

高価な物になってしまうと奥にしまってしまい 目に、手に触れる事が少なくなり忘れられてしまいますね。

生地はいつかは劣化しては骨董品ではないので 普段にも使用出来ないかと 小物をつくってみました。

光沢のあるサテン生地はそれなりの存在がありますが 絞り加工を入れるとより以上の豪華さと面白さが出ます。

小物はどんな物にも合いますので お薦めの一点です。