ショールの生地(オーガンジー)端の処理方法

IMG_3670

オーガンジー生地 ショールやドレスの生地端の処理方法

オーガンジーやジョーゼットなどの生地は透明性が特徴で その特質を生かす生地の端処理が少し難解になります。

市販のショールやドレスの端処理はロックミシンかがりか 三巻処理の方法(ハンカチ端)があります。

ボリュームのあるロックミシンの方法です

https://youtu.be/NzibwOuMzsU         

ご自宅で生地の端処理をされる場合 ロックミシンの目を最小に絞り込 各糸の調子のかがり具合を確かめてくださ。

3本の糸を使用していますが 3本の糸調子の数字はそれぞれですので 最良のかがり目の糸調子の数字をメモで残して置くと良いでしょう。 次回は簡単に使用できます。

 

 

 

ラメ糸入りオーガンジー生地 2色続き

IMG_2537

黒のタテ糸をそのままでヨコ糸を途中で変えたラメ糸入りオーガンジー生地2色続き 試験的に織った生地になります。

生産時では一色の生地になりますが 試験的にヨコ糸を途中で変えて織ったオーガンジー生地 色み具合を出す為の物です。

タテ糸は黒をベースに多色のラメ糸が織り込まれています。

色の変わり具合をデザイン的に利用すると面白い表現ができますね。

特にステージ衣装や ディスプレー用などにご利用出来ます。

オーガンジーの張感 とラメの光沢がお子様の発表会などのドレスにも利用できます。

エンジ色4.4m グリーン色4.5m 有りますので 色違いのお子様のドレスにもご利用いただけます。

 

https://www.azamiya.com/item/reg-2/  ←  このページにて生地の販売をしています。

 

 

 

 

 

軽く、しわになりにくくあったかい生地 旅行着に最適ですね。

800-2

シルバー層にうれしい 軽く、しわにならない生地旅行着に最適なフクレジャガードの 軽い上着は街着にもパーテー着にも合います。クルージング用の羽織物に最適ですね。

素材の違う糸をタテ、ヨコのジャガードに織り熱処理をして生地にふくらみを出した特殊生地になります。

旅行着にとっては シワになるのが一番のダメージになりますので 生地を色々工夫して織ってみました。

軽く、シワにならない、薄く暖かい 事が旅行着に最適最適であると このような生地を織ってみました。

織りあがった生地に熱処理をして生地に膨らみをだしています。

出来上がった生地のようすから ミセスの方々から デザイン次第では 若い方々のジャケットなどに向く素材になっています。

一般には シワにならない生地はフラットで柄がない物が多くありますが
柄がある事で色々の年代層や色々のアイテムに変化を出す事が出来 モノトーン系で生地を作ってみました。

写真はシルバー層の方々向きに制作してみましたが モノトーン系は巾広い年代層に似合い フード付きジャケットにもお洒落ですね。

サンプル製品一点物と販売販売をもしています。

このページにて販売をしています。

 

 

 

 

 

 

手絞りのアクセント付き中学、高校生向き発表会ドレス

DSC03635

中学、高校生向きの演奏に動きやすさをプラスした手絞り加工入りドレス

演奏用のドレスはノースリーブが多く存在しますが 中学生、高校生にはキャップスリーブも可愛い印象ですね。

袖下のないキャップスリーブはピアノ演奏やヴィオリン、ハープ演奏など両腕を十分に動かす演奏にはとても嬉しいデザインになります。

ノースリーブドレスに抵抗のある大人の演奏する方や まだ幼い中学生、高校生辺りのお嬢様方には小さ目のチャップスリーブが演奏用のドレスにお薦めです。

今回のポイントになっている絞り加工の袖は生地をバイヤス使用にしているのでソフトで肌触りも良く
ピアノ演奏などで両腕を遠くまでのばしても腕を締まる事も無く 楽に演奏が出来ます。

生地を細工してオリジナル性を演出する事も出来ます。

演奏に向くドレス生地はオーガンジー、ジョーゼット、サテンなどのドレス素材が主になります。

演奏会、発表会用のドレスは スパンコールや石の装飾は楽器がキズつくので注意をして求めなければなりません また演奏用のドレスは軽さと動き安すい事も必要ですので 凝ったデザインは演奏に支障が出る場合もあります。

軽く、演奏しやすいドレスは素材をそのまま生かしたドレスになりますが その使用する生地に絞り加工などで模様を表現する方法も一つのプランとしてお薦めですね。

演奏会、発表会用のドレスは軽くて動かしやすい事が大事です。

中学生向きのドレスなどでご質問などありましたら お気軽にお問合わせ下さいませ。

 

 

 

フリルで華やかに演出する中学、高校生向き発表会ドレス

huriru-1

中学生、高校生向きの発表会ドレスはフレッシュさが第一で演奏会に向く事が大事です。

シャンタン地とオーガンジー生地を重ね合わせのドレスほどちらも無地で生地に表現が無く スカート部分のフリルで華やかさと動きを出しています。

縦のフリルは裾からウエストに向かい細くなっていますので スカート部分の広がりが華やかに見えます。

身頃部分にフリルや装飾品を付くていないのは ピアノ、ヴィオリンの演奏会、発表会用のドレスとして演奏に邪魔にならない様に作っているます。

オーダー製品なので 色違いやフリルの有り、無し 別の装飾の工夫など ご希望に応じてお作りしています。

 

夏場は音楽のコンクールが目白押し ドレスも採点対象に入るとか!

発表会やコンクールなど お嬢様方はこの、夏シーズンは勝負のときでもありますね。

大昔は派手にならず 学生らしい演奏と どこの先生方も申しておられた事をお聞きしていますが 今はインターナショナルとして活躍する為 若い内からセンスのよさ感性の豊富さが求められています。

コンクールの演目とドレス選びのセンスの良さも評価されているとお聞きしています。

勝ち抜いてゆくコンクールにはお嬢様の将来もかかっていますのて 送り出す先生、ご本人、ご父兄の方々などのご意見をも取り入れてコンクール、発表会用のドレスをお作りしています。

 

中学、高校生向きの発表会、コンクール用のドレスはその年代に合うドレスが一番です。

オーダーでお作りする事が安心につながりますが 予算やお時間など色々の事も起きます。

なかなか見つけにくい物ですが 既製品でも 着るお嬢様にチョット工夫をする事でコンクールに向かう勝負のドレスになりますね。

どうしても既製品では大人のデザインが支流ですが ドレス丈をその着る人の足首丈にしたり スリップタイプドレスの場合
肩を付けたりする事で中学、高校生向きのドレスに変化する場合もあります。

工夫されるとその年代に似合う素敵なドレスになります。

足首丈は歩いた時の動きがとてもフレッシュに感じますので 風を含んだ動きのあるドレスにしてみました。

※ドレス美露土では 同じサイズでも体系が違いますので 必ず仮縫いを入れ演奏時のゆとり分を入れたドレス作りをしております。

お聞きしたい事などありましたら お気軽にご連絡くださいませ。