着物地からのドレス 着物の雰囲気を残しリメイクします

IMG_3035

着物地からのドレス 着物の時の雰囲気を残し(表地と八掛利用)リメイクします。
着物をリメイクする場合 表地のみの使用が多いのですが お客様のご要望で着物の八掛の利用します。

演奏活動を長くお続けになる方々の先生クラスの演奏用のドレスは意外と市場では見つけにくい事と思います。

と 申しますのも 市場は若い層 一番消費人口の多い年代(20代〜30代)をターゲットにしたもの作りで商品化しているので 40、50代のややシルバー層の方々に合うドレスはなかなか見つけにくく そしてドレス素材が大変難しく 探しまわるのに大変なエナルギーを要します。

ドレス美露土では ある程度の年代の演奏される方々には 着物地からの演奏用ドレスはいかがかと お薦めしています。

着物地には要尺の限りがあり 大きなステージでのドレス作りは それなりの工夫を要しますが ある程度のやや小ステージでお召しになるドレスでは十分なドレスに仕上ています。

演奏用ドレスに着物地を使用する理由は!

長く演奏されていると その年代に合うドレスコードも求められますね。

その年代層の方々に合うドレスの素材が市場に大変少なく(透明性の色の鮮やかな物が多いです)既製品ドレスであればなおさら商品は少なく 探す事に大変ご苦労をされています。

そこでお薦めしているのが 多くのお手持ちのお着物からのドレス作りをご提案しています。

着物は生地、柄などがとてもしっかりしていて ある程度の方々にはとてもお似合いになります。(着物は品格があります)

総て着物地のみの使用では 着物の格を落としてしまう場合も有りますのでデザインを起こす場合ドレス生地を挟み込む場合もあります。

着物で完成した品格を落とさない様にドレス作りをしています。

※今回のご依頼は方は まだお若く そして八掛の朱色をどこかに作って欲しいとのご希望で 身頃部分を小さめにし 斜め脇のラインにも朱色を入れました。

着物地の袖部分は残っています。ドレスに羽織るボレロジャケットが作れます(ステージの待合などにお召しいただけます)

着物の色、柄は無限にありオリジナルのドレス作りには持ってこいですね。

ドレスをお召しになる機会がある方々には お薦めのドレス作りになります。

着物地からのお問い合わせなど ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

ハープ演奏用ドレス 袖の動きがポイントです

800-h

手、腕の動きが見立つハープ演奏 演奏中の袖の動きが綺麗に優雅に見える様にフリル袖にしてみました。

演奏用ドレスは演奏者にとっては 楽器を演奏する為の機能性が十分ある事が大変大事ですが
お客様にとっては演奏者のスタイルと、演奏曲とのイメージも合わせ心豊かに聴ける事が大事になっています。

演奏用ドレスはどんな楽器も一緒 では 演奏者の資質が問われます。

 

その楽器その楽器に合う演奏用ドレスはあります。 音色の違いがあるように演奏用ドレスも違いがあります。

今回は ハープの手、腕の動きが優雅に見える様に工夫をしてみました。

アルパはアンデス地方の民族楽器で音色は優しく素朴感があり 聞く人の心を優しくさせてくれます。
そのような演奏用ドレスには優しく動きがあれば と袖に動きのあるポイントを付けてみました。

 

最近では ビックに広がるドレスはやや陰を潜めております。 ビックなドレスは大舞台には映えます。

と言うのも 500名または 100名以内の小ホールが お客様との距離が近く 生音が聞けるという事で人気があります。

そのようなホールでは ビックなドレスは違和感がありますね。

生音が楽しめる 演奏者の指先まで見れる 身近な演奏は 演奏者のドレスのデザイン、素材までも聴衆者には興味があります。

演奏は遠くステージから届けるだけではなくなっていますね。

 

演奏者も聴衆者も 時にトークをはさんで一緒に楽しめる音楽活動が増えつつありますね。

楽器にあったドレスを提供して行きたいと思っています。

 

 

 

着物地からドレスにリメイク 生地の落ちつき方 NO1

IMG_3027

着物地からドレスにリメイクする場合 生地をたらして落ち着かせる必要があります。
着物の場合は生地巾をそのまま使用しますが ドレスにする場合は立体にする為生地をカーブにカットしているので。

限られて生地巾内でドレスのいデザインを起こし パターンを置いて裁断します。

ドレスのウエスト部分は立体の丸みがありますので特に注意が必要になります。

生地パーツを縫い合わせる前に生地の流れを落ち着かせる為にるる工程です。

 

着物地は生地巾に制限があります

生地巾に入るパターンを念頭に置いて デザインを起こします。

ドレスの裾巾は歩く為に十分な広がりが必要です。 生地不足の時はスリットなどをもったデザインが必要になります。

お客様の依頼で身頃部分に着物の八掛(裾)の赤を置いて欲しいほご希望があり
身頃を赤一色にしていますが着物の柄とのバランスからハイウエストでの切り替えで赤の分量を少なくしています。

 

着物地からドレスにリメイクする場合

表の着物地100%を使用するとせっかくの着物を壊さなければ良かった となる場合が多くあります。

チョットした工夫で素敵なドレスに変身します。

 

着物地からドレスにリメイクをご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

ハープ(アルパ)演奏用ドレスは袖の動きが素敵です。

700-ps

ハープ(アルパ)演奏用ドレスは腕の動きを演ずる袖にポイントを置いたデザインにしました。

本来のドレスをお客様の雰囲気に合う為リメイクとサイズ直しにお直しをしています。

アルパ パラグアイ《南米)の楽器を演奏する時はその国の衣裳で演奏する事にされているそうですが
多くは色が強くモチーフの柄が大胆なものが多く
今回ゲットしたドレスは桜色の日本で春に演奏するには最適な色のドレスで急ぎドレスのお直しの依頼を受けました。

身頃のピンクと白の柄は総てパラグアイの手刺繍で生地のモチーフを生かした部分は協調したいとのご希望です。

演奏する為の動き分と見た目の優雅さの表現として 同色のジョーゼットをドレスの脇部分と袖にプラスしています。

※演奏用のドレスは演奏中の動き分が大事なので 仮縫いは演奏の動きを確認しながらピン打ちをしています。

パーティードレスの様な直立姿勢での仮縫いは演奏用向きのドレスではやや不十分なので
いつも仮縫いは演奏中の様子から行っています。

 

演奏者向き 黒ボーダー柄ロングスカート 11号

600-bs

演奏者、パーテー向き 黒ボーダー柄ロングスカート 組み合わせが良い黒のロングスカートは 色々のシーンに重宝します。
演奏者には是非お薦め出来る一着です。

https://youtu.be/H_RgFz2gvjs

全身黒のドレス着用の場合はある程度格のある演奏会や、ちょっと気の張るパーティーなどにお召しになりますが
黒のロングスカートを一着ご用意されていると 色々組合わせも出来て何かと重宝しますね。

急な演奏会の依頼でも 同系の組合せであればどのような時も慌てる事なく落ち着いて演奏会に参加できます。

今回の黒ボーダー柄のロングスカートは ボーダーの柄巾が広くお洒落な雰囲気がでています。

生地も軽くふんわり感が出て広がりのあるスカートになっています。

表地のボーダー柄オーガンジー 中地の薄地オーガンジー 裏地キュプラ  の三枚の重なりの仕上げになっています。

ウエスト部分に大き目のタックを入れていますので ボリュームのある雰囲気になっています。

3枚の生地の様子になります。

ブラウスとの組み合わせで四季を通してお召しになる事ができます。

現品での販売をしています。

 https://www.azamiya.com/item/brbs-2/ ← このページにて販売をしております。