ドレス生地からのブラウス 透け感が特徴です。

600-1

演奏用ドレスなどドレス制作に多く使用されるオーガンジー 透け感を利用したブラウスのご提案です。

平織のオーガンジー素材は 透け感と張り感が特徴で 多くはウエデイングドレスや演奏用ドレス、発表会用のドレスに使用されています。 また色、柄の違いからカーテン地としても利用されています。

ドレスの着用に縁がないと一般には中々身に付ける事がありませんが身近なブラウスとして制作をしてみました。

素材はシャンブレー(玉虫色)オーガンジーで一枚の生地に2色織り込まれています。その生地を二枚重ねする事でより面白い色を作り出す事ができます。素材が透けている事が特徴で色を自分好みに作り出す事ができます。

ドレス制作では良く提案していますが生地の動きの少ないブラウスに表現してみました。

 

透け感を楽しむブラウスです。

ブラウスは肌に密着する物やコートの様に羽織物などアイテムは色々ですが アンダーとの調和のご提案をしています。

露出の多いタンクトップなどそのままでは ちょっとね と思われる時など、人に合う時、お茶パーティーなどチョッピリお洒落に演出したい時などに 透け感のあるブラウスをお召しになると何かと重宝します。

透け感を楽しむ!

ボタン使用も良いですが 羽織るタイプのブラウスはアクセサリーとの調和でより素敵に演出できます。

シャンブレーオーガンジーは透ける特徴と色の発色が面白いので 何かと楽しい話題も多く出ますね。

シャンブレーオーガンジーの色とアンダーのタンクトップとの色の組合わせもまたお洒落な演出になります。

素材、色を楽しむ演出です。

オーガンジーには タテ糸、ヨコ糸の同色のオーガンジー と
タテ糸、ヨコ糸の色違いで織られたシャンブレーオーガンジーがあります。

ソフト感からハード感まで 生地質も色々ありますが ブラウスに使用の場合はややソフト感がよいでしょう。

肌は見えていても むき出しの肌よりオーガンジーを通しての肌は お洒落に品よく見えますね。

オーガンジーのブラウスはカジュアルからフォーマルまで 一着で色々演出が出来ます。

ちょっと華やかさが必要なお洒落な場所などにご利用頂くと素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

ドレス地をブラウスにしてお召しになりませんか!

500-mae

なかなかドレスを着用する事に縁の少ない方 ドレス地をブラウスにしてお召しになってはいかがでしょうか!

薄地のプリントジョーゼットを身頃に 袖、衿、肩ヨークをカラミ織のオーガンジーを利用したフレアーブラウス キャミソールなどの上に羽織るタイプのブラウスです。

ブラウスのフレアーの動きはドレスを着るようなふんわり感が漂います。

演奏者やフォーマルな場所に出向く事の少ない方々に、チョッピリドレスっぽい雰囲気を味わってみてはいかがでしょうと ドレス生地で作ってみました。

ブラウスの裾 風をはらむひらひら感が とても優雅にみえます。

パンツとキャミソールのカジュアルなスタイルに ちょっとおしゃれ感をお召しになるのもいかがでしょうか?

動きが大人の女性っぽくなりますね。

このページで販売をしています。 → http://www.azamiya.com/item/kuro-b/  ごらんくださいませ。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

 

カシュクールのパターンを作る時は、立体からのパターンを作ります。

600-mae

カシュクールタイプ(左右の重なり合う場合)のパターンを作る時は、ボディーに合わせて立体からのパターン作りをします。

どのようなパターン作りも新しいデザインの物は必ず ボディーに合わせて立体からパターン作りを始めます。

平面で起こしたパターンはタップリゆとり分のあるものはそのままパターン化出来ますが

ドレスなど体にフィットする物は 立体からのパターン作りが重要になります。

特にカシュクールのような左右の掛け合わせタイプは生地端が安定しませんので立体でフィット感を見つけパターンの紙上に移します。

基本の身頃のパターンが出来れば 写真のようなドレープのある物をのせる事が出来 ドレープのあるパターン作りができます。

基本の立体からのパターン作りが出来ないと次の作業はできません。

この時点でドレープの方向、量、サイズも一緒にパターンに描きこみます。

ご質問がありましたらいつでもお問い合わせください。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

パンツスタイルの演奏用ドレス、若い人に人気です

パンツとブラウスの着回可能な演奏用ドレスは人気ですね。

演奏用のドレスは会場や演奏する楽器、演目などによりクラッシック調を要求される場合もありますが

この場合はこうです。と決まりはありませんが 最近は軽く、着やすい演奏着をお召しの方も多くなっていますね。

楽器とのバランスもとても大事ですが 最近はシンプルでお洒落なドレスをお召しの方を多くお見かけするようになりました。

動画はパンツに組み合わせるロングブラウスの仮縫い状態の様子です。

演奏用は、ブラウスの単品でもドレスの雰囲気があるようなデザインにしています。

仕上がりにはまだチュールの生地は重ねますが 本体のシルエットでサイズ、着る本人のシルエットに合っているかの確認の仮縫いが必要です。

仮縫い後の修正などにより ようやくその上に重なる生地のバランスが決まります。

演奏用のドレスは、その演奏スタイルが一番きれいに見える状態を見つけるのがポイントになります。

なかなか見つからない希望するドレス やご相談などありましたらお気軽にお問い合わせください。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/