膝上で楽器が滑らない生地 ビオラ・ダ・ガンバ奏者男性向き演奏着の場合

800-1

ビオラ・ダ・ガンバ奏者 男性の衣裳の生地選びは困難ですね。

ビオラ・ダ・ガンバ の演奏者は楽器を膝上にのせての演奏なので 女性、男性共 楽器が膝上で滑る状態に苦労されています。

女性の場合は 幾分素材やドレスの工夫などで解消されますが 男性の場合は大変難しく感じます。

すでに存在する生地を探すのが困難な為 生地に工夫をする事を考えました。

すでにある生地に細工をして楽器が滑らない様にする

動画の説明は 黒のメッシュ地に膝上辺りに 糸、ブレード、などで模様を付ける事

男性の演奏用衣装は黒のパンツが支流になりますので その上に オーバーパンツとしてメッシュ地のパンツを履くそのメッシュ地のパンツに楽器が滑らない工夫の細工をする 方法のご提案になります。
メッシュ素材は薄くシワにならず ソフトな為 立、座り時にも音も出ないので パンツの上に履いても違和感が無くお召しになれます。 そのメッシュ地に楽器が滑らない工夫をすれば如何かとのご提案をさせて頂きました。

女性の様に見た目の華やかさは必要なく 実用性があれば良いので メッシュ素材の細工を思いつきました。

 

 

 

ビオラ・ダ・ガンバ演奏向きの滑らないドレス生地作りませんか?

800-tumami

楽器が滑らないドレス生地 なかなか探すのにも苦労しますね ビオラ・ダ・ガンバ奏者の方々のご苦労に朗報です。

特殊な楽器演奏の方々には 演奏者でしか解らないお悩みがあります。

永年、演奏用ドレスを手掛けているドレス美露土でも 演奏者の生のお声を聞くまで解らなかったことでした。

楽器をひざにのせ、立てての演奏になるので楽器が演奏時に滑るというお悩みです。

本来ドレス生地は光沢があり滑りやすい加工や織りで仕上がっていますので 滑らない生地は真逆になり探すのに時間がかかります。

色々と生地の表面に凹凸のある素材もご提案しましたが お好みもそれぞれあり中々決まらない場合も多くあります。

手芸のアイディアでご自分で生地から作れます 楽器が滑らない生地作りませんか?

オーガンジーであれば 色も豊富にあり細工の工夫などでお好きなモチーフなども作れます。

生地につまみ絞りを入れ 生地の表面に凹凸を付ける方法です。

あらかじめ図案を描き図に添って大小の絞りで模様を描くレベルの高さまでご自分で出来ますが 生地に凹凸感を出すのが目的です。

手始めには オーバースカートにするのがお薦めです。

組み合わせの効く オーバースカートは 本体のドレスにプラスする事が目的ですが
ビオラ・ダ・ガンバなどの演奏する人にとっては楽器が滑らない事が一番ですが 本体の着用ドレスとの違和感の無い物であってほしいものです。

手絞りの入った生地はぼこぼこしているので シルエットはそれぼど綺麗には出ません この点がが初心物に嬉しい事ですね。

3枚接ぎか4枚接ぎのロングスカートを作り膝から上の方に絞りつまみを入れます。ウエストはギャザー入りにして その上から市販の広幅のサテンリボンで結ぶとすっきりお洒落に見えます。

やり方が解れば反対のドレスに合わせる事も可能になります。

写真はドレス本体の生地に重ね合わせて制作したものです。

下の生地色も見え ラメがキラキラになり過ぎない 品よく そして シルエットの防止になり手芸の入った物は面白いドレスの表情をします。

生地作りでご質問がありましたら お気軽にお問い合わせ下さい。

 

シニアの方々の発表会ドレスに向くドレス生地シャンタン生地はいががでしょうか!

700-2

発表会ドレス シニア向きの生地と使い方

ドレスに多いオーガンジーやジョーゼットそのままの生地ではシニアやシルバーの方々のドレスには若すぎて違和感が出る場合がある

 

 

シニア・シルバーの方のドレスのコツ

その一番大事なドレスですが、市販されているドレスは年代層は、一番ターゲットの多い20代、30代向きに作られています。

生地はオーガンジー、サテン、ジョーゼットなど色も鮮やかでノースリーブタイプが多いですね。

どうしても生地の雰囲気が若くなってしまいますので シニア向けの方々には生地選びが大事なのでご提案をさせていただきます。

オーガンジーは透け感と張りがありますので年代層に合うデザインと色が大事だと思います。

ジョーゼットは柔らかく体にストーンとなじみますのでボリュームは出ませんが 色と装飾で上品は雰囲気のドレスになります。

サテンは薄地からブライダル向きの厚地まだ多種あります 光沢がきれいなので色とデザイン選びがシニア向けに適します。

ここで紹介している生地はシャンブレーのシャンタン生地で紬風のシボが生地の表面に出ていて ドレスやフォーマルウエアーに向く生地になっています。

 

さらに綺麗に着こなすには

透け感はなく生地に光沢があります。ピアノの発表会などでは安心なドレスになります シャンタン地にボリュームを多く入れると若くなってしまいますので シャンタン生地の本体のドレスはややスリムにして 同色のオーガンジー生地を脇から後ろに向けて装飾品の様なオーバースカートのボリュームをつければ大きめのステージにも映えるドレスになります。

そのオーガンジーを取り外し可能にすれば その後のパーティーでは素敵なパーティードレスになり二度満足のゆくドレスに変身します。

フルオーダーは高額になり難しい選択ですが 市販のシンプルなドレスや、すでにお持ちのドレスに 何かをプラスすることによって新しいドレスに変身します。

シニアの方々へのドレスをお召しになりたいご希望は すでにお持ちのものからのご提案などもしています。

年代層にあった素材、スタイルはとても素敵に見えます。市販のドレスにちょっとの工夫がオリジナルドレスになり、また素敵さ発見になりますね。

 

参考に

 

長年の憧れの音楽を楽しむようになられたシニアの方々にとっては 発表会は楽しみでもあり日々の励みにもなりますね。

ドレスをお召になっての発表会、その後の打ち上げパーティーは大変うれしいものですね。

ドレスに関するご質問等お気軽にお尋ねくださいませ。

ドレス生地の裁断ジョーゼット 綺麗に仕上がるポイントは裁断から

kiji

ドレス生地、ジョーゼットの裁断は難しいのですが丁寧に扱うと、とても綺麗なドレスに仕上がります。
裁断の地の目通しがポイントになります。

演奏会や発表会用のドレスの生地は演奏曲や演奏会場に合わせて色々とご検討されていると思います。

ジョーゼット生地は張り感がなくドレープが大変綺麗に出る生地です。

ジョーゼットのドレスを綺麗に仕上げるポイントは裁断時に 生地の地の目が通っているか否かで決まります。

地の目が通っている綺麗な裁断は 仕上がりのドレスは綺麗ですね。

演奏会、発表会のドレスにする場合はボリュームがあまり出ないので、動きが綺麗なライン風を感じさせるようなドレスをイメージされご利用されると良いと思います。

身頃にドレープを付けたりまた、スカート部分を二枚重ねなどにすると裾部分の動きがとても綺麗に出ます。

落ち感のあるドレープ性が特徴なので 動いた時にドレスの良さが出てきます。

プリント柄、カラーなどお好みのジョーゼットをご利用くださいませ。

生地に関してご質問があれば お気軽にお問い合わせください。

 

 

パーティー会場に映えるドレスに向くシャンブレーサテン生地

DSC02967

ドレスに向く素材としては光沢があったりドレープ性があったり透明感があったりと 普段に使用しない素材が多く利用されています。それはドレスはフォーマルな場に映える事が大事で、演奏会であったり、パーティーなど華やかな場面に適応する素材が使用されています。会場が華やかであれば使用するドレス素材も華やかな物がより必要とされますね。

ここではシャンブレー(玉虫色)のサテン地の紹介をしています。

平織でタテ糸とヨコ糸の糸の色の違いから織りあげた物はシャンブレ(玉虫色)になりますが 光沢を増す為には糸にそれぞれ工夫をいれています。

ドレス素材としては光沢のある素材が大変貴重ですがシャンブレーに織り上げると大変個性的になりドレスの用途を選びますね。

ブライダル用サテンの場合はタテ糸とヨコ糸を同じ色、同じ糸で織上げますので生地の表面は上品な光沢を出しています。ブライダル用ではシャンブレー(玉虫色)は余り利用しません。

シャンブレーサテンは生地の動きによって色の変化が出ますので ステージドレスや演奏用ドレス、パーティードレスなどに多く利用されています。

光沢の強さなどは糸の素材がレーヨン、ポリエステル、シルク糸でもそれぞれ違った光沢を出しています。

どのようなドレスにしたいかにより サテン生地の光沢を選ぶ事も大事ですね。