ドレスのお悩み解決 裾の始末の場合

700-su

ドレスの裾の痛みのお悩み解決 生地が透けない裾の始末

ロングドレスは床面を引きずりながら歩く とても優雅に見えますが演奏者など 靴で踏んだり、踏まれたり、又 床面の汚れやキズなどでドレスの裾は大変なダメージを受けています。

この様な事は ドレスを着用する演奏者達は密かな悩みを訴えています。

ドレスの素材は薄地て透明感があり光沢のあるもので日常着には無い素材を多く使用しています。

豪華さと優雅を演出するにはこの様な素材が最適でありとてもステージ映えのするものでもありますね。

透明感の素材の作り方もとても繊細な仕立てをしています。

特に裾の始末は たっぷりな生地を使っても重くならない様に 三巻仕上げや かがりロック始末 時にはホースヘアーを入れカールを多くする場合などとなっています。

より優雅さを演出するのに床面をいっぱい引きずったドレスとなります。

当然ドレスの裾部分が一番傷みが激しくなりますね。

透明性のある生地はヘム(裾折返り)がありませんので この部分の修理は大変な作業になります。

 

透けない素材の裾部分の補強の仕方

シャンタン生地はフォーマルのアイテムには欠かせない高級素材です。

ドレスでシャンタン生地を使用する場合の裾始末はヘム(折返り)を付けますが このヘム仕上げが補強となります。

生地をタップリ使用した場合など、より軽くするのに裾を三巻仕上げにしますが やはり裾部分の生地は傷みやすくなります。

そこでテープ状の裏生地で補強する工程をしました。

柔らかな生地は打ち込みがゆるいので 後々傷みやすくなります。
そこで傷みが生じない前に裾部分を補強する方法をご紹介しています。

透ける素材の場合の裾のキズのお直しは 傷んだ生地の取り換えや 別生地をプラスしたりの大きなお直しになります。

キズは大きくなる前の手当ての方法も大事ですね。

華やかな陰には 着用する本人でしか解らないお悩みもあるはずです。

大事なドレスは手当をして 長くお召しいただきたいものですね。

ドレスのお直しなどお悩みはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

いものですね。

お直しなど お悩みがありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

中学生、高校生のドレスのサイズってちょっと難しいですよね。

800-namae

中学生、高校生の発表会ドレスのオーダーを頂く時のサイズはなかなか難しいものです
成長期で体系がそれぞれなので 大人のサイズとは少し違っています。

中学生、高校生の発表会、コンクールの時はドレスをお召しになりますが
この年代のお嬢様方に合うドレスは市場に大変少ないのが現状です。
それは 体の成長期であり サイズ、体系が難しい時期でもあり既成品での対応が大変難しく製品になりにくい分野になります。

通常の体のサイズ表示はドレスの場合は バスト、ウエスト、ヒップ、身頃丈、スカート丈 位で対応していますが
これは成人体形では間に合いますが このサイズ表示で中学生辺りの体系には難しい箇所もあります。

 

ドレス美露土では ドレスのサイズはサンプルドレスの試着をして頂き それを基本にサイズをいただいています。

試着をする事で ドレスのサイズだけではなく 着心地、動き、軽さ、演奏のしやすさをもご確認いただいております。

「バストサイズが82c ウエストサイズが66c 普通体系です」とおっしゃっても身体の厚みや体系がわかりません。

演奏されるお嬢様方は 演奏の姿勢や楽器の種類により動き方が全く違います。

ドレスをオーダー頂く時はそれぞれ演奏する時の動き分(ゆとり分)は着る人にしかかわりませんので それらの確認も含めてのサイズを頂く事を基本にしています。

ブラウスやジャケットと違い ドレスは身体にピッタリ添って着るものですが 直立した姿勢がぴったりでも演奏時の姿勢がきついと
それは演奏ドレスとしては余裕分が無く苦しいドレスになります。

演奏用のドレスは 演奏が普段の練習と同じように出来 かつフィツトしている 試着時のフィット感からドレスの良し悪しはきまります。

 

ドレス美露土のオーダードレスの受注、制作工程は
お客様との確認、確認で制作しています。

オーダー制作のスタートになるサイズの頂き方は 中学生、高校生の方はもちろんですが
成人の方でもドレスの試着から始めています。

長く演奏活動をされている方々は何着もドレスをお持ちの方も多いとおもいます そのような方々にはお気に入りのドレスを一度お預かりしサイズを測らせて頂く方法もしております。

ドレスのサイズは表示よりも先ず試着をして頂く方法が一番と思っています。

※ ドレスの試着はオーダーを頂いた方のみに限らせていただいています。

ドレスの作り方 ドレスの裾始末の方法

ドレス制作 裾始末

ドレス制作の最後の段階にドレスの裾の始末があります
ドレス生地が薄くて広がりが多く有りますので三巻という仕上げ方法があります。ドレスの多くの場合の仕上げ方法になります。

ドレスの素材は 軽く、薄く、華やか、ドレープ性など 通常の服作りとは違った素材を多く使用していますので仕上がりもその素材に合った仕上げ方法があります。

今回はドレスの裾の始末 三巻仕上げ 細い縫い込みの方法を紹介します。

ドレスの裾始末は生地を軽く、ふんわり感を表現したいので軽い素材の物はほぼこのような仕上げになっています。

 

ミシンでは三巻のアタッチメントを利用します。

アタッチメントは家庭用、工業用ミシンがありますのでミシンに合った物を使用します。

アタッチメントが綺麗な裾縫いをしてくれますので 縫い方に慣れる事が大事です。

お子様の発表会ドレスはご家庭で本をみながら お友だちに聞きながらお作りになっている方もおおいト思いますが裾の始末はこの様にアタッチメントで仕上げをされると ドレスが一段と垢ぬけしますね。

三つ折りや ヘム仕上げは生地が重なりますので ドレスの裾は三巻仕上げをお薦めします。

中学、高校生向きのドレス くるぶし丈、ミモレ丈は特に裾端がきれいな始末方法が素敵ですね。

※この方法は 薄手の袖口、衿端の始末、生地端を装飾として表現したい時にも使います。

色々お試しくださいませ。

 

ご質問などありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ。