着物地からドレスへのリメイクをお薦めする訳

kimono-remake-d11

着物地からドレスへのリメイク(作り替え)をお薦めする訳は演奏するシニア層の年代の方々に合うドレス、ドレス生地がないからです。

既製品のドレスは若い女性(ターゲットが一番多い)に合わせて製品化されています。使用されている生地、色も若いゾーンに合わせています。

シニア層の方々の発表会、演奏会は長い経験の上で行われていて品格がそなわっていますね。

その年代層の方々には現状の市場の既製品では少し無理が生じているように思います。

既製品が無理ならオーダーが良い と言う訳ではありません 一般に売られている生地も既製品に向く生地が多く出ています。

ミセス向きのフォーマル生地も色や素材はジョーゼット、サテン、オーガンジー、レースなど大体同じ様な物が多いですね。

演奏する人達は着用するドレスも個々の演奏表現に意識を高めていらっしゃるのでドレスには大変なこだわりがあります。

そのようなこだわりがあり お薦めしたいのが 着物地からのドレス制作になります。

シニア層の方々はドレスも多くお持ちですが それ以上にお着物も多くお持ちではと思っています。

お着物は、お母様がお嬢様が嫁ぐまで徐々に準備され揃えられているもので 長い時間をかけた思い出がいっぱい詰まったものです。

嫁入りの貴重なお道具でした。

ところが 生活スタイルが がらりと変わり街でお着物を着た人に合うあと「何があったの?」と不思議がられる存在になっています。

日常の生活から姿を消していますが どのご家庭にもお着物はたくさん眠っていますね。

 

シニア層の方々に着物地からの演奏用ドレスにリメイクする好条件

◎提案させて頂いているのは お着物がこの年代層に大変合う事

◎着物生地色、柄が大変素晴らしい事

◎時間の経過した生地は柔らかくなっていて 演奏用ドレスの動きに合い演奏しやすい事

◎他とのバッテングが先ずない事、こだわりの一点物である

◎美露土では着物地そのまま使用しないでドレスの表情に作り変えている事

着物は和物 ドレスは洋物
それぞれのイメージを大事にリメイクをしています。

着物からドレスにリメイクした一例です。

着物は和装の顔 品格をのこして ドレスは洋装の顔としてリメイクしています。

ドレスにリメイクした写真の場合 柄の色モチーフを押さえる為に全体にグレーのオーガンジーを重ね 生地の表面の光沢を出すようにしています。

生地の表面に光沢があると洋装の雰囲気が出ます。

※着物地を100%使用すると 品格を下げる場合がありますので注意が必要ですね。

※ドレス制作は柄、色を生かしてデザインを起こしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サリーインドの民族衣装 踊りの衣裳にお薦めです。

DSC04037

サリーインドの民族衣装 最近は日本でもインドの舞踊がさかんですね。練習用の衣裳にいかがでしょうか!

インド民族衣装のサリーとして織られた生地になります。

民続衣装のサリーは一枚の生地の中に4型~6型の図柄があり 着こなし方法で柄の出方が色々と個性的に演出できます。

一般的にはスカート部分でプリーツを入れたスカートを作り続いてキャミソール(胸周り)を巻き生地の端部分をショールとして使用します。

舞踊などをされている方々はまた、違った着こなし方をされていますね。

生地巾115c巾×6.5mの生地になります。

4~5型のモチーフ柄を写真にのせています。

サリーの特徴はラメ糸(ゴールド、シルバーなど光物)が生地の中に織り込まれている事が大事のようです。

ポリエステル薄地で織りあげています。

薄く軽く持ち運びに便利な生地です。

インド舞踊をされる方にお薦めです。

 

演奏用ドレス選びで重要なところ気付てね

800-bd

演奏用ドレス選びで大事なところ 見逃していませんか!

今年はコロナ禍で 演奏する人達には大打撃で大変つらい時期であり、今も続いています が皆さま明日に向かって頑張っておられます。

この様な時に ゆっくりご自分のドレスを再確認される事も又良いのではと思い
この先に来る演奏会の為のドレス選びのポイントをお知らせします。

 

ドレスショップでドレスをお探しの時 色や装飾についついよそ見をされていませんか?

パーティードレスは一番に華やかが必要ですが 演奏会、発表会のドレスはもう一つ機能性を十分に確かめる必要がありますね。

その一番大事な所は 背幅にあります。

前部分も大事ですが 演奏する人にとっては背幅の動きが十分にあるかが大事になります。

これは演奏する人ご自身で確かめる必要があります。

自由に動き両手の動きは背巾のゆとり分で作用しますので お店での試着の時は この点を十分にお確かめください。

ドレス美露土では オーダーをされる場合はこの背幅のゆとり分を一番の大事として
ドレスの仮縫いの時は必ず確認をさせて頂いています。

色々ご質問があれば お気軽にお問い合わせくださいませ。

リメイク 着物からこだわりのドレスへ

IMG_3086

リメイク 着物からドレスへ変身!
大切な着物を現状の生活スタイルでは中々手を通す機会が無く、音楽活動が多くお持ちで演奏用ドレスにリメイクしました。

最近の音楽活動は 大きなステージより身近な小ホールやワンフロアーでの演奏会も増え 演奏後ドレスをじっくり見ていて下さるお客様が多く ドレスの話で演奏後は盛り上がる事が多いそうです。

そこで ドレスを着物地で作ればもっとお客様に喜んでもらえ会話も弾むと

今回は着物地からのドレスを作りをしました。

ドレスの身頃は着物の八掛(裾裏)を利用しています。

着物の胴裏部分だけを外し 表地、八卦を利用してドレスをつくりました。

ドレスの裾広がりは 着物地の接ぎ7枚で十分広がりますが 八掛の赤地をポイントに前脇部分に差し込んで身頃の赤とのバランスが良いように表現してみました。

年数の経った着物は 風合いがとてもよくなっていてドレスとして表現すると大人のお洒落な雰囲気が出ます。

絹の持つ生地品がドレスにそのまま出ていますね。

演奏後はお客様が触って感触を楽しむ方々もいらっしゃるそうです。

演奏会プラスお客様への配慮も大事ですね。

ドレスをリメイクして長くお召し頂きたいですね。

700-ad-2

演奏用のドレスはコンクールなどを目指すお嬢様方の大事な一着ですが その後も何度もお召し頂きたいのでドレスのリメイクをお薦めします。

中学、高校生向きのドレスを新調することは お嬢様方の成長期の時期に辺り高価でもあり、やや抵抗がありますが 将来へとつながるコンクールの為と思い切る親御様も多いらっしゃいます。
リメイク(少しの手直し)でその後も色々、何度もお召しになる事が出来ますのでドレスのリメイクの一案をご紹介いたします。

左は以前にオーダーを頂いたドレスで

その後、成長と共にサイズ変更とワンピースタイプからツーピースタイプにリメイクをしました。

ツイーピースにする事で上下の組合せが自由で ドレスのイメージが広がる事が大きなメリットになります。

後ろスタイル リボンの編み上げタイプにしてサイズ対応に変更しました。

ツーウエータイプのドレスは着回しの応用範囲が広く 演奏会を多くこなされる方には人気のスているになりますね。

演奏用ドレスは着る回数も少なく 高価で新調するには思い切る事に迷う方も多いと思いますが

必ずリメイクができます ので お気軽にお問い合わせくださいませ。