シルバー向けドレス 一着を二度着こなすうれしい方法

axtupurike

シルバー、シニアの方々のすでにお持ちのドレスを面白く演出する。

多くの結婚式などにご出席のミセスの方々には 基本形のスリップドレスはすでにお持ちになっていると思います。

ラメ入りの短めジャケットとのセット組は定番ですが そのままのいつもの着こなしではどのお写真も一緒になってしまいますね。

リタイアされた方々の中にはピアノやハープにお励みの方々も多くお見受けいたします。

そして嬉しい発表会がありますね。

そんな発表会のドレスの準備に新たなドレスのご購入は色々と大変です。

そんな時にすでにお持ちのドレスにもう一枚プラスをしてご自分らしい演出はいかがでしょうか!

透け感のあるチュール素材を重ねる

お手持ちの本体のドレスにオーバーブラウス、スカートを重ね着としてご使用する方法です。

透け感も有りソフトで軽くシワになりにくいチュール素材をプラスしてみました。

透ける素材は本体のシルエットも見えていますので 重ねる演出は下の様子も上の様子も見えている事が良いと思います。

ここではブラウスとスカートの切り替えにしていますが ドレスにチュールのドレスをすっぽり重ねる方法もあります。

ご自身のお洒落感へのご提案

チュールやオーガンジーなどの透け感の有る生地はフラットな無地が主ですが アップリケで模様を面白く作る事が可能です。

レースやブレードを使って模様を表現する事が出来ます。

ポイントは、そこの模様の表現だけになりますので ピアノの発表会に音符♪マークのアップリケを色々飛ばしたり
バースデー記念日にお花を飛ばしたり など ご自身のお好みの演出、着こなしが楽しめたら嬉しいかなとご提案いたしました。

お持ちの物にのプラスのドレスはリーズナブルで ご自身のオリジナル一着となりなかなか楽しい物ですよね。

色々お試しくださいませ。

ご質問などありましたらいつでもお気軽にお尋ねくださいませ。

シルバー向け 友禅、九谷焼き(工芸)を取り入れた軽いジャケット

500-top

シルバー向けジャケット 軽く着心地の良さは一番ですがやはり品性とお洒落感が欲しいですよね。 友禅、九谷焼き(工芸)をされげなく取り入れてみました。

シルバー層の方々には肌触りの良いシルクの天然素材が一番ですが 生地の表面の面白さはシルクでは中々表現できない部分もあります。

ジャケットの生地は薄地シルクに薄地型押しオーガンジー(ポリエステル)を重ねて軽さ、着やすさを工夫していますが 機能性ばかりではお洒落感が出ないので 手描き友禅模様と同柄の九谷焼きのボタンをプラスしてみました。

どちらも地元の作家さんにお願いしたものです。

九谷焼きのボタンは焼き物なので 表面をオーガンジーで包み衝撃を和らげています。
(クリーニング時はボタンを外すようお願いしています)

工芸技法を衣料品に取り組めないか永年挑戦していますが前向きの作家さんになかなか巡り会えず、今回この様な製品を作ってみました。

工芸品のご理解はシルバー層の方々の方が高い知識もお有りでこの様な試みもお手にとってご覧頂きたいと思います。