ダンスでのターンが綺麗に出るフレアースカート

DSC03056

ダンスでのターンが綺麗に出るフレアースカート上部はタイトに裾部分はフレアーに左右のアンバランス丈がとても綺麗なラインを描きます。

ドレスをお召しになる時は演奏会、ダンス、パーティーなどなど用途は色々有りますが
本来はその用途に合ったドレスの作り方は皆違ってきます。

練習用のドレスであっても演奏会向き、ダンス向きなどの衣裳に違いがありますので その用途にあった衣装をお薦めいたします。

今回はダンスの練習用のフレアースカートを作ってみました。

スカートの10枚の切り替え線は複雑で多すぎのような感じですが 裾部分でフレアーを十分広げたい場合にはこれだけの切り替え線が必要でした。

スカートの裾部分のマチ状態の広がりは円断ちで十分なフレアー分量を持っています。

上のヒップ部分は黒のシルク素材を使用 裾部分のフレアーはジョーゼットオーガンジーを使用して軽く広がりを出す様にしています。

裾はかがりロックミシン始末にしています。

右と左のスカート丈のバランスを変え裾カーブが均等の円を描くより、いくらかのカーブを描くようなラインが綺麗になるのでアンバランスの丈のスカートでつくりました。

スカートなど ダンス衣装など ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

仕上がりに近いジョーゼット素材でのトワールをします。

生地が大変ソフトなシフォンジョーゼットの仕上がりのドレスは
トワール(仮縫い時)から本生地に近い素材で仮縫いをします。

フレンチかタイトな袖 デザインが確かではない状態でのトワールは片袖を付け お好みを確認します。

デザイン画や 雑誌のイメージ画では ご自信が何が似合うか またデパートの売り場でドレスを試着されてもなかなかこれが好き と
きまらない場合もありますね。

そんな時に トワール(仮縫い)から徐々に似合うライン、シルエット、など形を作っていくと納得される場合が多いですね。

そんな最初のトワールを準備しました。 ボートネック ややハイウエスト タックプリーツを入れています。

仮縫いをしお客様のお好みと似合うラインが大きくかわりました。

深目のVラインネック ウエスト切り替えを高く シャープな斜めライン 袖は五部袖 お召し頂くと一気にドレスも活気が帯びてきてドレスが活き活きとなってきます。

着る人の感情が入ると 既製品の様なデザインを変えられないドレスにはない 活き活きさが出来きます。

これからが作り手の腕にかかってきて仕事が楽しくなります。

オーダーはお客様と一緒に物作りをしていきますので お客様と作り手が一緒に楽しんで仕上げて行きます。

お問い合わせなどありましたら お気軽にお尋ねくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

黒地のベルベットロングスカート 裁断後はピン打ちして生地をなじませます

黒のベルベット生地はこの冬の季節とても人気の素材です。第九の演奏会や発表会などに引っ張りだこですが 仕立ては上級クラスです。漆黒の黒色は上品でリッチな気分になるのでしょうね。

暮れの演奏会用の、黒ベルベットロングスカートの制作に入っています。

 

先ず 裁断した生地をボディーに添わせて 生地の流れを落ち着かせます。 ベルベットは毛足があるので糸印や裁断面がゆがんでしまう場合があります。 印通りに縫ってしまうとゆがんだ縫目になり綺麗な仕上がりにはなりません。

そこでピン打ちして生地の流れ自然にをなじませる様に数時間~半日ボディーに合わせて放置します。

ドレスの様にスカート丈が長い物は どんな生地も垂らして生地が安定するよう待ちます。

ドレス類は裾にむかって広がっているので 接ぎ目はバイヤス地になりますので このような作業は準備段階で大変重要になります。

最近は薄地のベルベットが人気で、一昔のような厚地で ヒップあたりの座った後が白くなるような素材はめっきり見なくなりました。

素材も年々変わりつつありますね。

ドレスや素材などご質問があればいつでもお気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

ドレスへのチョッピリのこだわりは自信と安心が出来ますね。

450-re-su

演奏用のドレスは、チョッピリのこだわりが演奏への自信と安心が生まれますね。

演奏者にとって どのコンクールも大変ハードなものであり避けて通れないところでもありますね。

演奏の技量、姿勢、そして衣装のセンスの良さまでも最近はコンクールの対照になっている為 そんな中 自信と安心で出来る衣装選びも重要になってきますね。

他より抜きん出てなくても 自分らしく自分に合った安心感のあるドレス選びは大事です。
審査員側も安心して聴けるドレス選びも大事な事ですね。

今回 オーダー頂いたドレスは エンジ色サテン地を演奏曲に合わせ よりダークな色にしたい との事で
黒のオーガンジーでは黒過ぎるので黒に近いダークなエンジ色のオーガンジーをドレス全体に重ねました。

演奏者の想い入れに近づくため オーガンジーの色を色々選びました。

奥まっているは所はより濃いダークな色に成るように仕立てました。

このお客様のこだわりは ウエストのレース巾の広さと後ろに向かってのレースの流れ具合に自分の演奏曲へのこだわりがあり このようなドレスを作らせていただきました。

永年演奏活動をされている方は 自分に会うドレスの雰囲気はよくご存じなのでデザインや雰囲気のアドバイスは致しません。

作り手側はただ 演奏に支障がなく 安心出来 軽く動きやすい機能性を盛り込んだドレスを作るだけです。

そうやって たくさんのご要望をまとめるのがドレスの作り手だと思って仕事をさせて頂いています。

現場の情報はご本人の体験、感想が一番の物つくりの糧になりますので 色々その時その時の演奏会の裏事情などもお聞きして次のドレス作りに役立てています。

お客様からの情報は大変ありがたく 感謝、感謝をして物つくりをさせて頂いています。

何か ドレスに関するご質問があればいつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

 

 

 

ドレープのあるドレス 生地によりパターンが変わります。

400-axtupu

ドレープのあるドレスは大人の雰囲気があり意外と人気なのですが 素材によってパターンが違ってきまので その都度生地の動きに合わせたパターンを作ります。

サテン地で少し重みのある生地はドレープや落ち感があるのでドレスにすると とてもきれいなラインをつくります。

大人の雰囲気のスレンダータイプのドレスを作ってみました。

この様に落ち感のある素材はドレープやタックを入れてもストンと下に落ちるのでシルエットがとてもきれいに出ます。

大人っぽいデザインには生地の選びも必要になります。

ドレープ性のある素材は 大まかなパターンから荒裁ちをしてボディーに合わせてドレープの方向を決めますので総ての素材が同じパターン通りに使用できるわけではありません。 その都度 ボディーに添うようにします。

ドレスのスカートの脇線を見つける作業です。 針を垂らして脇線を見つけます。

タックやドレープの形を決めてから 生地との落ち具合を確認して目立つ脇線を決めます。

この時点で生地のゆがみ分も出るので 立体裁断から脇のラインを決めます。

ソフト感や落ち感のある生地は平面の裁断だけでは表現出来にくいものが多く
特にドレスの様に丈の長い物はボディーに合わせた立体裁断が大変重要になってきます。

そして立体で見つけたラインをパターン上で修正していきます。

素材により、デザインにより 生地の方向が動く事を知って作る事が大事になりますね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/