アクセサリーのような手作りの装飾品を付けました。

600-syugei

ミサスの晴れの日向けに アクセサリーのような手作りの装飾品を付けたフォーマルなスーツのご紹介をします。

新郎新婦のお母様向けのフォーマルスーツは色もデザインもほぼ似た物が多くて無難な範囲で失礼にはなりませんが せっかくの晴れの日です。 若い方々と一緒にお洒落をされてはいかがでしょうか!

ドレススーツはロングタイトスカートとジャケットのフォーマルなスーツですが 襟巾を広くしそこに色々な種類の手芸技法をのせてみました。

本体のスーツ生地も特殊な光沢の出る モルフォティックスシャンタン生地を使用していますが見せ所は手芸装飾です。

 

50歳代からのフォーマル、ドレスのお洒落感は何かをプラスしましょう。

演奏者の様にふんわりなドレスは縁ない人は着る事も限られますが タイトなフォーマルドレスは着る機会はどなたもありますよね。

ドレスの様な雰囲気のあるフォーマルウエアーは個々の装飾品で華やかさを演出したいものですね。

装飾品のあるウェアーの着こなしは 50歳代からの方々が上手く着こなしていらっしゃいます。

貴金属ではないアクセサリーの様な装飾品は ソフト感と優しさがあり 本体のドレスの素材と色が同色で表現する装飾アクセントはミサスの方々にお薦めです。

オリジナルなご自分の好みの雰囲気が炎症津出来ます。

 

ロングスーツは着回し、組み合わせが幾組も可能です。

ワンピースタイプより 着回しが多いスーツタイプのフォーマルウェアーは色々な場面に適応できます。

ロングスカート + ブラウス

ジャケット + スカート、ワンピース、パンツ

などお手持ちの物との組み合わせ 予算も考量したいですよね。

色々のアイテムとの組合わせが可能なフォーマルなスーツは 50歳代以上のミセスの方々にふさわしいアイテムだとおもいます。

※ 装飾部分をショールの様に別仕立てはズレが生じ品の良い物にはなりませんね。

 

 

 

 

Comments are closed.