装飾品のようなメルヘン柄のボレロです

DSC03015

手描き友禅の装飾品のようなメルヘン柄のボレロです。

加賀友禅の技法をドレスのどこかに取り入れたいと思い 小さなボレロに表現をしてみました。

ドレスに表現する時は 柄も洋物が良く 小さな部分にはメルヘン柄シンデレラのモチーフを表現してみました。

ドレスの中に友禅の柄を入れる場合は色彩が華やかになり過ぎるので 表面にオーガンジーで色を押さえ光沢をだしてみました。

立体のドレスに合わせる為に モチーフも立体になるブティーという技法(キルティング)を取り入れてみました。

友禅技法は和装 のフラットな場合に大変良く映えますが その技法をドレスに合わせると 平坦になってしまいますので ボレロも立体ならそこに乗せるモチーフも立体が良いと 立体に映える様にしています。

スリップドレスの上に羽織る様にしています。

カジュアルにセーターの上にも羽織れるような アクセサリーの様なボレロになっています。

洋服、ドレスの場合は柄の色は全体にダーク色がバランスが良いですね。

Comments are closed.