パーティー会場に映えるドレスに向くシャンブレーサテン生地

DSC02967

ドレスに向く素材としては光沢があったりドレープ性があったり透明感があったりと 普段に使用しない素材が多く利用されています。それはドレスはフォーマルな場に映える事が大事で、演奏会であったり、パーティーなど華やかな場面に適応する素材が使用されています。会場が華やかであれば使用するドレス素材も華やかな物がより必要とされますね。

ここではシャンブレー(玉虫色)のサテン地の紹介をしています。

平織でタテ糸とヨコ糸の糸の色の違いから織りあげた物はシャンブレ(玉虫色)になりますが 光沢を増す為には糸にそれぞれ工夫をいれています。

ドレス素材としては光沢のある素材が大変貴重ですがシャンブレーに織り上げると大変個性的になりドレスの用途を選びますね。

ブライダル用サテンの場合はタテ糸とヨコ糸を同じ色、同じ糸で織上げますので生地の表面は上品な光沢を出しています。ブライダル用ではシャンブレー(玉虫色)は余り利用しません。

シャンブレーサテンは生地の動きによって色の変化が出ますので ステージドレスや演奏用ドレス、パーティードレスなどに多く利用されています。

光沢の強さなどは糸の素材がレーヨン、ポリエステル、シルク糸でもそれぞれ違った光沢を出しています。

どのようなドレスにしたいかにより サテン生地の光沢を選ぶ事も大事ですね。

Comments are closed.