ウエスト部分をハードに仕上げて全体のソフトなドレスをキープします。

500-topu

ジョーゼットやシフオンのような柔らかい素材のドレスは 生地を生かす為に ウエスト部分で全体のドレスをキープする様に仕立てます。

身頃の部分で襟ぐり、袖ぐりはドレスの仕上げは一般には見返しで形を保ちますが 柔らかな素材を生かすには
見返しなしの仕立て方(上級編)で仕立てます。 この仕立ての方が素材の良さが出ます。

身頃の表はプリントジョーゼット で 裏地は同サイズで断ち 裏地の襟ぐり、袖ぐリの縫い代にテープ芯を貼り パターンのサイズ形状を保ちます。

この技術はチョットハイテクになりますが 軽いドレスを作るには必要なテクニックです。

ドレのスカート部分の長い生地は 軽い素材であっても 身頃を引っ張り生地に負担がかかります

そこで ウエスト部分でしっかり スカート部分、身頃を保つようにしなければなりません。

この部分がウエスト部分の切り替えパーツになります。

この山形にした小さなウエストのパーツは 裏側にハードな芯で形をキープしています。

着る人のサイズにピッタリ合わせる事で身頃の生地に負担がかからず スカート部分はスカート単品のような軽やかな動きが出来 素材の優雅さでふんわりとした動きが演出できます。

大き目のプリント柄は ウエストの複雑な切り替えが目立たない利点があります。

素材を生かす、素材に合わせたドレスの仕立て方もありますので ご参考にどうぞごらんください!

Comments are closed.