ドレス向きのタフタ素材 柄の向きを変えてみました。

ドレスのタフタ素材ボーダー方向(横)とストライプ方向(縦)

柄の向きを変えるとこんなに印象が違います。

大きなボーダー柄(横織り)で生地は織られています。

生地の織方向そのままで ギャザースカート風にピンワークをしました。

生地をストライプ(縦)方向にピンワークをしてみました。

横と縦の柄の違いが こんなにも印象の違うスカートになります。

一般にはボーダー柄が良く見えますが シャープな印象にしたい時はストライプ柄が良いのか と思いますが

お召しになるご本人の好みになりますね。

素材はタフタ地で しっかり感のある生地です。 少し重みがあります。

これだけ大きな柄は ロングスカートか ジャケット風コートが素敵に映えますね。

発表会、演奏会などでご使用の場合は 色の多いドレス軍に混ざって シャープな大人のドレス の印象になりますね。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.