シニア層向け演奏用ドレス キャップスリーブが素敵です

sodeaxtupu-1

シニア層向け演奏用ドレス ピアノ演奏がしやすいキャップスリーブがお薦めです。

最近はリタイヤされた方が音楽の活動をされる方が多くいらっしゃいますね。

そのような方向けにドレスのご提案です。

永年、音楽活動や音楽の指導をされる方々はドレスに慣れていらっしゃるので
シルバーの年代になってもドレスの着用はそれほど抵抗はありませんが
ドレスにあまり馴染みがなくご趣味で活動始められるとドレス姿には憧れますがちょっと抵抗がありますね。
と言っても ドレスアップの発表会は大変嬉しくステップアップにもなります。

そこで 袖付のドレスをお薦めいたします。

ドレスは多くはノースリーブの物が多く 見た目もとても素敵に見えますが シレバー層の方々には少し抵抗があるかもしれませんね。

小さ目のキャップスリーブは肩がむき出しになっていなので安心感があり安心して演奏会に望めます。

袖をどっぷり付けますと とても重く感じ ドレスの素敵さも半減します。

 

キャップスリーブとは

キャップ(帽子の様な形)袖の頭部分のみの形は 袖下が自由に動き 演奏、特にピアノ演奏には身頃とくっついていない為大変スムーズに行えます。

若い元気な演奏者にはちょっと重く感じるかもしれませんが
シルバー層や 中学、高校生辺りのドレスをまだ十分着こなせていない方々には大変安心で人気がある袖になっています。

見た目は小さな袖の形をしていますが 袖下部分が無く腕がスムーズに動き 演奏が大変しやすいのが特徴です。

ロングドレスとのバランスから小さ目の袖はとても素敵に見えます。

 

キャップスリーブドレスがシルバー層の方々にお薦めの理由は

年代が高くなると ドレス特有のタップリ広がったドレスはチョットバランスを欠いてしまいますね。

全体にタイトなシルエットになったり、良質な素材がお似合いになる様になります。

デザインとしてシンプルが一番良くお似合いになる年代になります。

シンプルになればノースリーブが定番で そこに透けるボレロや、ジャケットがワンセットとして提案されています。
しかし演奏用ドレスにジャケットなどは大変重く 見苦しいものです。

演奏用に向くドレスは ショールやジャケットをプラスしない単独のドレスが基本です。

ドレスがノースリーブのシンプルなドレスは素敵ですが シルバー層の方々にはちょっと抵抗がありますね

そこで重くないキャップスリーブは演奏しやすく 見た目にも爽やかで 安心して演奏に望めます。
(ボレロやジャケットを身に着けている安心感)があります。

スカート部分がビックであればバランス上 袖や肩部分が要りませんが

シンプルなドレスでの演奏では安心感と見た目の素敵さ からシルバー層の方々にキャップスリーブドレスをお薦めしています。

 

 

 

Comments are closed.