演奏用ドレスのパニエ ドレスのシルエットに合わせます

DSC03731 (1)

演奏用ドレスのパニエ どんな色のドレスにも合う様にベージュ色で、形はドレスのシルエットに合わせて作ります。

ドレスのボリュームを出すのに ドレスのアンダーにパニエ(ペチコート)を着用します。

発表会、演奏会用のドレスは見栄えも良くする為 ある程度のスカート部分に広がりを持たせます。

ドレス本体にボリュームを付けるより
別にパニエを着用してボリュームを出す方がドレスのシルエットは綺麗に見えて、しかも演奏もしやすくなります。

発表会や演奏会用のドレスは軽く演奏しやすいのが大事なので パニエを別につくりました。

Aライン型 Aラインのドレスに合わせたウエスト部分をすっきりさせるシルエット

バルーン型 ボリョームのあるスカート部分に合わせて ウエストからふっくらさせるシルエット

パニエは 表のドレスのシルエットに添う様にしてドレスのラインをより綺麗にするものです。

ドレスの内側にパニエを取り付けてある物も有りますが ドレスに取りつけてしまうとドレスの動きと一対になり
お人形のような動き(表のドレスの動きが 中のパニエに振り回されたような動き)になってしまいドレス本来の動き方をしません。

それで パニエをお召しになる時は別仕立てのパニエをお薦めしています。

写真のパニエは 中学生、高校生の演奏用ドレスに合うドレス丈でつくっています。

大人の方のパニエも制作しています。

ベージュ色のパニエを何故お薦めするか! というのは
どんなドレスの色にも合うからです。

一般にはパニエは白色 となっていますがオーダーを頂く以上、より素敵になるには との思いからベージュ色にしました。

ドレスのパニエは大きくて着用するとご本人は意外と注意が届かないところです。

観客になってステージを拝見していますと ステージの中央まで歩み寄る時 ドレスが長いので ついついドレスのスカート部分を持ち上げての登場となりますね。 その時表のドレスには注意を向けますが 中のパニエはまで注意を払いませんね。

真っ赤な素敵なドレスで登場頂きそのドレスを持ち上げた時 真っ白なパニエが覗くとハットしてしまいます。

下着だから白! と想いがちですが その風景は見るとあまり良い物とは思われませんね。

そこで 演奏者がマイナス点にならない様にオーダーを頂いた時は ベージュー色でのパニエ作りをしています。

パニエはドレス丈より 10cm位短めに作ります。

黒ドレスも赤ドレスも ブルードレスも 万一 ターンなどしてパニエが見えても違和感がありません。

ベージューはどの色にも調和の良い色で パニエが見えた時ハットする様な違和感は生じません。

オーダーならではの この様なこだわりはお客様を寄り素敵にえ得る様にご提案しています。

写真はパルーン型のパニエになります。

オーダーでお受けしていますので パニエのシルエットや広がりの分量などお好みに合わせてお作りしています。

パニに関してのご質問などありましたら 何時でもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

Comments are closed.