オーダーでのドレスのパターン確認はボディーに合わせます

patan-1

オーダードレスのパターン確認
デザイン、シルエットはオーダーする方々に合わせて作りますが 基本はボディーに添っているか、どうかになり確認は大変大事な工程になります。

オーダーを頂いてから サイズ確認後パターンを制作します。

デザインの違いや体形はそれぞれ異なりますが 基本はボディーに添っているか否かで着やすかったり着にくかったりします。

立体から作るパターンはそれほどずれませんが 平面からのパターン作成は左右、前後の接ぎ目にずれが出る場合があります。

全体のサイズ、ゆるみは十分でも接ぎ目のずれは 着にくかったり 動きづらかったりする場合もあります。

ですからサイズの大小にかかわらず 基本のボディーにすっぽりと入るかどうかの確認が必要になります。

 

演奏用のドレスを制作する場合はボディーに合う基本型に各楽器に合う運動量がプラスになってきます。

服作りのボディーは人体の構造を大変良く研究されていますので これらのボディーを除外しての服作りは出来ません。

どのようなドレス作りもボディーを基本にゆるみ(ゆとり分)がプラスされ
又演奏用のドレスの場合は演奏者の演奏する姿勢や、くせまでもドレスの中に含めなければなりません。

パターン制作途中でボディーに合わせる工程は接ぎ目が ボディーに添っているかを確かめています。

トータルのサイズ、ゆとり分が十分であっても 接ぎ目がずれていると 体にきつさを感じたり、動きづらさを感じたりします。

ドレス美露土では 必ず制作途中に仮縫いを入れる事 は演奏者が着やすく、演奏しやすいドレスをお召し頂きたいからです。

ドレスは高価な物で どなたからか譲り受ける事も多いはずですが そのままお召しになる前に
特に演奏用のドレスの場合は、安心した演奏会の為に 着合わせ、着心地 のご確認が必要ですね。

ちょっとしたお直しで大変着心地の良いドレスになります。

サイズが着る人に合っていると 安心した演奏会になりますね。

ドレスのお直し、サイズでご質問があれば お気軽にご連絡ください お持ち致しております。

 

 

 

 

Comments are closed.