着物地からの演奏用ドレス 40、50代の方々向けドレスのご提案です。

600-do

発表会や演奏会のドレス 40、50代の演奏される方には着物地からのドレスも素敵ですね。

市販で販売されているドレスは若い年代向けのドレスとして多く販売されています。
消費者層が多い年代向けにドレスは多く作られています。

その為にドレスの素材も若い方々向けの素材が多く使用されています。
ジョーゼット、オーガンジー、サテン 生地などは若い方々にはとても良くお似合いになります。

ブライダル用のドレスと違って 音楽を演奏される方々は年代層も幅広くその年代に合うドレスをご希望ですね。
そして色々ドレス探しではご苦労をされているとお聞きしています。

市販のドレスの素材や色合いは 若い層向けが圧倒的に多いですね

 

着物地をドレスにリメイクする(40代からは着物も似合う年代になりますので)

着物を多くお持ちでも 生活スタイルががらりと変わり着物は特別の日だけにお召しになる様になってしまいました。

そんな箪笥に眠っている着物をよみがえらせるよう リメイクのご提案をいたしました。

音楽活動をされているといろいろのドレス姿のステージでの演奏が多いですよね。

先にも申していますが 市販のドレスは色、素材がどうしても若向けになっています。

眠っている着物でドレスにリメイクされてはいかがかとのご提案です。

 

ドレス美露土の着物ドレスのリメイクの方法とは!

着物をそのままドレスにしました。 のようなスタイルは時々見かけますが
それは着物の品格を落としてしまいきれいではありませんね。

和装の着物と洋装のドレスは素材も衣装としての表現も全く違います。

着物地をそのままドレスにしても着物でしかありません。

着物地をドレスにする場合は先ず生地をドレスの生地に作り変えをしなければなりません。

ドレス美露土の方法は 着物生地をドレス風にする為に生地の表面に光沢を付けます(透明度の高いオーガンジーなど)
を重ね合わせ 生地に光沢を付けて和柄の色、モチーフを押さえたりして和装の匂いを控える様にします。

ドレスの雰囲気に合う様な生地から変えています。

和柄のモチーフは着物では大事ですが ドレスにする場合は柄、色合いはとても邪魔になりますので 色柄を押さえる様にします。

そして大事な事は 着物生地を全部使いきらない事です。

生地を全部使ってしまうと形の変わった着物でしかありまでんので 注意が必要です。

ドレスとしてリメイクする場合は服生地とのかみ合わせが大事になりますね。

着物の色柄を半分ほど使う様にするととても素敵な 着物地ドレスになります。

40、50代からの演奏される方は着こなしも上手なので この様な着物地からのドレスのリメイク お薦めいたします。

リメイクドレスなどに関し お問い合わせはなどは お気軽にどうぞ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.