ドレスのウエスト部分に刺繍を入れる時。まず図案から描きます。

ドレスのウエスト部分に刺繍など装飾品を入れるとき 先ず図案からパーツに合ったサイズの図案を作ります。

今回は線の動きを表現してみました。円のラインの部分の組み合わせをイメージにしています。

図案は単なる基本なので モチーフに使うスパンコールやコードなど そしてお客様の好みも入りますのでどんどん変化します。

一番に図案の提案があり 使用するモチーフ、材料 そこにお客様の好みを大事に修正をして 徐々に作り上げて行きます。

全体のドレスのシルエット、色などにより、図案の変化はいつもあります。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

Comments are closed.