母からお嬢様へウエデイングドレスリメイク 生地、色合わせ

IMG_3727

母のウエデイングドレスをお嬢様にリメイク 本体のドレスに合わせた生地、色合わせで調整しデザインを決めます。

https://youtu.be/O573hxotVnw         

ウエデイングドレスは白色ゾーンで作りますが 実にこの色のゾーンが多種多様な表情を持っていますので 色、素材を合わせるのに注意がいります。

今回は お母様の当時お召しなったドレスで 25年~30年位過ぎたドレスのリメイクになります。

ポリエステルサテン地なので生地焼けは有りませんが 今回お召しになるお嬢様は少しアイボリー系のドレスをお好みでしたが 本体のドレスがオフ白で 付属のベールもオフ白をしていますので 本体をオフ白系でまとめ 装飾(花、レース)などで少し色を出してみましょう と 提案しています。

本体に合わせる 素材、色の確認から準備をしています。

前のドレス

リメイクドレス 予定デザイン

本体のドレスの色に合わせると 色合わせを先に決めなければなりません。

デザインや色素材はいろいろと迷いますが 使用するドレス本体の色を重要にしなかればなりませんので 先ず色を統一する事から初めます。

ドレスのお直し ドレスの丈をプラスする場合

DSC04110

ドレスのお直し ドレス丈をプラスする場合 気に入ったドレスやピアノの先生から頂いたドレス、長さだけがちょっと間に合わない場合の簡単なお直し方法

https://youtu.be/dDStq81jPaE         

演奏会、発表会も徐々に回復しつつある状態で 演奏する方々も色々動きだしていらっしゃいますね。

ひと昔の様な演奏会も華やかに との動きも変わりつつあります。

どの街角にもピアノが設置されていて 音楽がぐっとぐっと身近になりサロンやホールなど どなたでも気取らずに楽しめる 演奏する人も聴く人も距離感が狭まり 一緒に楽しめる事が多くなっている様におもいます。

そうすると演奏する人も仰々しく派手なドレスより
ちょっとスマートでお洒落な雰囲気のドレスがお似合いですね。

そこで今回は 大切な方から頂かれたドレス(本来は足首丈のドレス)ですがピアノ演奏をする為に床までの長さが欲しいとのご希望で ドレス丈をプラスしました。

身近な演奏会も多くなってきているので チョットおしゃれでその場に合うドレスを着ての演奏会にしたいので のご希望でドレスの丈出しのお直しをさせて頂きました。

ドレスの丈出しの一番簡単な方法です。

ドレスの裏生地に表のドレスと似た生地を取り付ける方法です。

注意点は 表のドレスの裾広がりと同じ様な分量の広がりにあわせます。

ドレス本体の表に 裏地に取りつけた丈プラス分の生地がひびかない事。

ピアノ演奏などで座った姿勢の時生地の接ぎ目が表にひびきますので 足の脛当てりでの切り替えが必要になります。

表のドレス生地が厚みのある場合は表にひびきませんが
ニットや薄地ジョーゼットなどスレンダータイプのドレスは丈出しの接ぎ目はひびく場合があるので注意が必要です。

デザイン変更が表生地に取りつけ ドレスとの一帯感で丈出しをする場合もあります。

ドレスでお悩みがありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ

 

 

 

 

オフ白ドレス 演奏にもブライダル用ドレスにも

manekinn

シャンタン生地のオフ白ドレス 演奏にもブライダル用にもご利用いただけます。

やや生成りのオフ白ドレス 身頃をレースで重ねています。

パニエを合わせればスカート部分は大きく広がります。

大変軽い仕立てをしていますので 演奏用ドレスとしても ウエデイングドレスとしてもご利用頂けます。

https://youtu.be/EErwkW3ZgxA         

真っ白のドレスではウエデイングドレスの領域ですが オフ白ややや生成りのドレスは演奏会のドレスとしてもご利用頂けいます。

夏のコンサートなどにお召し頂けます。

軽いドレスは 自然な動きが出来るのが特徴になります。

演奏用のドレスの場合は ステージ上での歩くスタイルや演奏時の動きが自然でむりのない演奏ができます。

またウエデイングドレスは ドレスが体にフィットしている為 会場をまわってのご挨拶など自然の動きが出てとても綺麗なスているになります。

長時間のドレスの着用は軽いドレスがお薦めです。

シャンタン生地とレースのコンビが上品にみえます。

 

ドレスの色 生地の重ね方で表情が変わります

DSC04095

ウエデイングドレス 季節、時間、会場に合わせドレスの色を変えてみませんか? 生地の重ね方で表情が変わります。

 

https://youtu.be/PpwNugVp-V0         

 ウエデイングドレス は白 

もちろん本当の意味は有りますが

せっかくオーダーをされるのですから 季節、時間帯、会場の雰囲気などに合わせてデザイン、素材、色をお決めなればどうでしょうか?

と ご提案しています。

ベースは白が基本ですが お好みで アイボリーや薄地ピンクなど お好きなデザイン 、色を加えての物作りのご提案をしています。

ご自分のドレスです。

既製品や貸衣裳ではありませんので とことんこだわって お好みのデザインと色のドレスをお召し頂きたいと思っています。

素敵なドレスで 当日を演出して頂きたいですね。

 

ショールの生地(オーガンジー)端の処理方法

IMG_3670

オーガンジー生地 ショールやドレスの生地端の処理方法

オーガンジーやジョーゼットなどの生地は透明性が特徴で その特質を生かす生地の端処理が少し難解になります。

市販のショールやドレスの端処理はロックミシンかがりか 三巻処理の方法(ハンカチ端)があります。

ボリュームのあるロックミシンの方法です

https://youtu.be/NzibwOuMzsU         

ご自宅で生地の端処理をされる場合 ロックミシンの目を最小に絞り込 各糸の調子のかがり具合を確かめてくださ。

3本の糸を使用していますが 3本の糸調子の数字はそれぞれですので 最良のかがり目の糸調子の数字をメモで残して置くと良いでしょう。 次回は簡単に使用できます。