加賀刺繍をプラスしてカジュアルな素材から華やかなドレスに変身

IMG_2527

生地本来にフォーマル向けの華やかな素材がありますが オーガンジーを重ね、
そこに加賀刺繍をプラスして華やかなドレスをつくりました。

加賀刺繍(日本刺繍)は着物に刺繍を置きモチーフも和装に合うものですが その技法を生かしリボンなど刺した表現をしてもらいました。

服地の素材は巾広く フラットなものから縮や凹凸が無数にあり 生地だけでも面白い表現が出来ますが
華やかさが欲しいフォーマルなドレスにはどのような方法があるかと考え 一番には装飾を付ける事と思い刺繍技術者にお願いしました。

 

日本刺繍は糸だけの表現で何百の技術の表現方法がありますが総て表面はフラットな仕上がりになっています。

それは和装は狭い場所での立ち居振る舞いが可能な為 着物姿は座ったり立ったり体をひねったりのしぐさで 畳や襖を、又隣の人に影響がない様との事から 着物に立体的な装飾付けない事が条件です。

ですから 技法は大変綺麗で緻密に仕上がっています。

 

ところが洋装の装飾はフリルやリボン、ストーンなどボリュームいっぱいに付けて華やかさを出しています。

そのような感覚で洋装を見ていますので 緻密な日本刺繍は技法は高いがちょっぴり華やかさに欠ける為寂しくなってしまいます。

 

遊び感覚の立体表現が出来るリボンをひねりながら刺してもらいました。

技法の高い日本刺繍と手芸のリボン刺繍を合わせて表現をしてみました。

 

ベースには光沢の輝きのあるオーガンジーを置き 生地の遊び分を取り入れています。

本来の生地がカジュアルな素材でも 光沢面を出す事や 装飾部分を変化する事で
華やかなフォーマル、パーティーウエアーに表現する事が出来ます。

ドレスの様な大きなものは中々抵抗がある時は ブラウスなど小さなパーツにご利用頂けると面白く遊び心が生まれます。

 

 

黒刺繍入りドレス 海外で注目される日本刺繍入りパーティードレス

800-sisyuu

一点物の黒刺繍入りドレス 海外のパーティーやクルージングパーティーなどにお召し頂けるワンランク上のドレスです。

帯、や着物に刺繍をされている伝統工芸者の方にドレスのウエスト部分に刺繍を入れてもらいました。

ドレスは黒のシルクジョーゼット ウエウスト部分は黒シャンタン地を使用しています。

ウエスト部分のみ日本刺繍で「雪に笹柄」でポイント柄にしています。

海外でのパーティードレスではチョット日本風のモテーフがどこかにあるととても会話が和み印象の良い結果が生まれると聞いています。

昨今クルージングもカジュアル化していますが

お洒落にパーティーに参加する事も多くありそうなので このような品の良いドレスのご紹介です。

既成品では中々見られない そのサイズにそのドレスの雰囲気に合ってた部分に手刺繍(伝統工芸士作)を置いてみました。

全体にはシンプルですが 和服の帯のイメージがあり

日本人に合うドレスとしてご提案いたします。

軽く、持ち運びやすいドレスに仕上げています。

 

 

 

 

ドレスのお直し 身巾出しの方法

800-b

ドレスのお直し 身巾出しの方法

演奏用のドレスは頻繁にお召しになるものではありませんので ある必要な時にサイズが合わない場合もありますね。

ドレスのサイズを小さくする事は簡単ですが 巾出し、特にバスト辺りの身頃のきつさは演奏用ドレスであれば余裕を持っての花田氏をする必要がありますね。

既製品のドレスは縫い代が少なく 単なる巾出しは難しく マチの別生地を付ける巾出しが必要になってきます。

ドレスによっては ダーツや縫い目が多くあれば かく各部分から少しずつ出す方法も有りますが
複雑なデザインなどであれば脇部分にマチを付けサイズを出す方法が 一番安心で着心地の様物になります。

特に演奏用のドレスは 演奏する姿勢が楽に行えるよう余裕分が少し多めに必要になります。

その為にも脇部分ぬいマチ入れをする方法をします。

既製品のドレスと同じ素材を手に入れる事は難しいので 似た色、素材を当てがいますが
デザイン変更としてレースや違う色素材を使用する場合もあります。

ただのお直しではなくリメイクとしてデザインを変更される方もいらっしゃいます。

お客様の ご希望のお直しをご提案しています。

ドレスのお直しなど ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

演奏会、黒のドレスに黒のパニエがお薦めです。

800-panee

大きめのステージの演奏会 黒のドレスには黒のパニエがとても品よく見えますね。

一般にドレスのパニエは白が多く市場にでまわっています。

演奏活動されている方々にとって 黒のドレスや黒っぽいドレスをお召しになる場合も多いと思います。

そこで今回は黒っぽいドレスに黒のパニエを合わせられてはいかがでしょうか! とご提案しています。

ドレスにパニエをご使用なさる場合は、わりと大き目のステージが多い事と思います。

ステージの中央までは長く 大股で歩く場合もあるでしょう。

演奏が終了しターンをして戻る時や ステップがあったりとドレス姿で動き回る事も多くなります。

そんな時 ドレスの裾がめくれたりする場合もあります。

通常の白いパニエではチラット白いパニエの一部分が見えたりもします

ご本人は気が付きませんがステージ上なので客様はしっかり見ていらっしゃいます。

白のパニエは下着っぽく見られ白でも良いのですが意外とお客様はハットされています。

ドレスと同系色の黒のパニエはドレスの裾部分が乱れても見立つ事がないので お客様は違和感なく
安心して演奏会をお楽しみいただけます。

お客様に安心して演奏を楽しんで頂く為にも 見立たない黒のパニエはお薦めの一点になります。

サイズ、スカート丈、ボリュームなどお客様のご希望サイズでお作りしております。

パニエやドレスについてご質問があればいつでもお気軽に問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

黒のドレス演奏者にとっては必需品 自分で洗濯出来るってお得ですね

800-kurod

黒のドレス演奏者にとっては必需品 どんな演奏会にも間に合い出番の多いドレスです
自分で洗濯出来るってうれしくないでしょうか!

演奏会用のドレスは華やかな色やデザインに目が行き ついつい色物のドレスをお求めになりますが
いつ演奏の依頼が来ても良いように黒のドレスをご準備なさいませんか

黒のドレスはオーケストラとのジョイント 演目により黒指定で出演願う など 大きめのコンサートなどでは黒ドレスでの依頼が大変多くあります。

長年演奏されている方々は 黒のドレスは必需品として準備されている方は多いですね。

黒のスカート、黒のブラウスの組合わせも時には間に合いますが 大き目のステージにはロングドレスで演奏されると良いと思います。

黒のロングドレスの着こなしは品よく演奏会への取り組む姿勢も良く 次への依頼も多く発生するとお聞きしています。

 

黒のドレスは必要とお考えの方
シンプルで自分で自宅で洗えるドレスをいかがでしょうか?

黒のドレスの汗じみや汚れは時間と共にほっておくと白い斑点の様な物が付きなかなか取れにくくなります。
演奏会修了の度にクリーニング出しもなかなか大変ですね。 黒のドレスは演奏後のお手入れが必要です。

そこで 演奏会後すぐ自分で洗濯出来るドレスって お得で嬉しいですよね。

どのようなドレスも自宅洗濯が出来るわけではありません。

シワにならない生地、吸湿速乾性のある生地、シンプルなデザイン など 自分で失敗せず洗濯する場合はドレスの生地選びも大変重要になります。

ドレスを自分で洗濯してみたのですが? ご質問など詳細なアドバイスを差し上げます お気軽にお問い合わせくださいませ。