シルバーの方々向け ボレロジャケット 鮮やかなオパール加工

600-1

ドレスの上に羽織るボレロジャケットシルバーの方々向けに鮮やかなオパール加工のオーガンジー素材です。

パーティーやお仲間のお集りだったりと これからお出かけの機会が多くなりますね。

すでに色々のアイテムのお持ちのシルバーの方々に鮮やかな色柄のボレロジャケットの一点をプラスされてはとのご提案になります。

生地は多色柄のオパール加工をクリンプオーガンジーに置いた物です。

テキスタイルコンクール向けに作った素材になります。

オーガンジー素材は 透け感と軽さでドレスやショールに多く使用されていますが ドレスに縁のない方々にはなかなか手に取る素材ではないですよね。
その素材にオパール加工プリントを入れ気軽に着用できるボレロジャケットを作ってみました。

色柄が鮮やかなので お召しになる全体の一部分に使用しました。

気軽な羽織物として 軽い、シワになりにくい サイズもフリーでふんわり羽織れるものにしました。

どのような場所でもチョッピリ華やかで羽織れるものがシルバーの方々には嬉しいのでは とご提案いたしました。

裏地にソフトシルクを付けていますので スリップドレスなど肌の露出がある物にあわせてもボレロの肌触りは良いですね。

袖山ギャザー入り 裾広がり 袖口広がり

サイズ フリー

B-102c(身頃突き合わせの状態) 前身頃丈-53c 後ろ身頃丈-58c(肩より)袖丈-45c

現品商品は こちらで販売しています。

 

 

着心地の良い演奏用のドレスは何度も着用して演奏したいですよね。

600-2

演奏会、発表会用のドレスは仮縫いの時に動き分をドレスに入れてお作りしていますのでとても演奏がしやすいドレスとしてご提供しています。少しのアレンジやお直しで色々お召しください。

演奏用のドレスは 軽い着心地が一番と思ってお作りしていますので何度も演奏会にはお召し頂いているようで大変嬉しく思っています。

今回も少しアレンジ変えをご希望で少しお直しをしました。

卒業コンサート向けに全体に大きく見栄えするイメージのドレスをお作りしました。

身頃の面積を大き目にした場合(肩部分を広め)ウエストのレースの巾も広めにしたドレスを作りましたが 大きなステージでのチャンスはなかなかないので 500名位ののステージ向けにドレスのお直しをしました。

身頃の面積に合わせると自然に黒のレース巾も若干狭くすると良いですね。

お直し前のドレス身頃の様子

 お気に入りのドレスは お直し、サイズ合わせ、アレンジをして末永くお召し頂きたいものです。

一般にはドレスはなかなか機会がないと着るチャンスはなく その時一回きり という場合が多いと思います。
演奏活動をされている方々は ドレスは必需品で絶えず 今回はこれで次回はあれ という様に ドレスの需要が追いかけてきますが
お気に入りで着心地の良いドレスは中々遭遇しませんよね。

そのよう中でも 安心して演奏出来る着心地の良いドレスはあるはずです。

そのドレスこそがあなたのパートナーであって大事にお召し頂きたいものです。 そんなドレスはどうしても着る機会が多く傷みもともないますよね。

着心地が良く 安心なドレスは大事に末長くお召し頂きたいからこそ お直しや アレンジをお薦めしたいと思います。

 

ドレスのお直しで お悩みの時は お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

黒ドレス 2wayタイプは組み合わせ方が多く嬉しいアイテムですね。

IMG_2240

演奏用の黒ドレス 演奏者にとっては必需品ですが中々準備が出来ないものでもありますね。 2wayタイプは組み合わせが自由で嬉しいアイテムですね。

黒の厚地レース(エンブロイダリーレース)とオーガンジーの動きのあるスカートを組み合わせてみました。

黒のドレスは演奏者にとっては必需品と 前回もご紹介しましたが 小グループでの活躍や大きなステージに出演する事の少ない方々にとっては 黒のロングドレスは中々準備が出来ないものでもありますね。

そこで今回は 2素材の違うブラウスとスカートの組合せをご紹介いたします。

短めブラウスはエンブロイダリーレース 生地が厚地の為衿ぐりもすっきりな丈は短めに生地の重さを感じない様にしています。

スカートはアンダーにタイトのスカートがあり 12枚のショール風のオーガンジーはウエスト部分のみでつながり軽い動きで広がりを演出しています。
ノーマル丈は広がりは自然で 軽やかさと優雅さも表現できます。

演奏会、発表会、パーティーなどにもお召しいただけます。

重みの生地は面積の小さい作りから 軽い生地は広がりをボリュームで表現しています。

 

組合せの演出方法が発表会、演奏会用のドレスに重宝しますね。

一素材で作られたロングのドレスは 正装としてどのようなシーンにも重要な存在で失礼にはなりませんが
そこまでかたぐるしくない装いの場合は 2ウェイタイプの組合せ方も着こなせやすいですね。

すでにお持ちの何かとの組み合わせも 新しい感覚の発見になりますね。

 

 

人気のチェック柄ドレス 中学、高校生向き発表会ドレス

700-1

中学、高校生向き発表会ドレス チェック柄は清楚な印象で大変評判が良く
コンクールでは得点アップにもなるようですね。
年代に合うお召しのドレスは好印象とお聞きしています。

小さ目のチェック柄 多色 の生地を身頃部分にのみ使用し スカート部分は明る目の紺オーガンジーを組み合わせています。

中学生や高校生の発表会、コンクールのドレスでは 年代層にふさわしく いつの時も人気な柄になりますね。

中学生、高校生にふさわしいドレスの特徴は 床までのロング丈ではなく 肩部分も有り(スリップタイプやベアトップタイプではない)
デザインが良しとしています。

発表会、またコンクールなどの審査員の目にも安心感のあるデザインが良いと思って 年代層にふさわしいデザインをご提供しています。

 

襟部分は少し印象を変えて 折り返り襟が綺麗に出る様にオーガンジーを重ねています。

お好みによって立ち上げ襟でのお召し方も面白いですね。

スカート部分は オーガンジー、サテン、裏地の3枚合わせになっています。

裏地 サテン オーガンジー の重ねになっています。

生地在庫がないので 現品ドレスの販売をしております。

サイズ 9号 B-82c W-70c スカート丈-88c ドレス丈-124c

こちらにて販売をしております。  ごらんくださいませ。

 

 

 

有松の手絞り加工を シニア層向けのドレスに作りました

2009_0903kincaku0023

日本の伝統技術 有松の手絞り加工をドレスのパーツに使用しました。

日本を代表する和装の世界で確率した有松絞りを薄いドレス生地に絞りを置いてもらいました。

シニア層の方々のパーティーや演奏会などになりますと こだわりの一点物を召されているお洒落な方々を時々お見受けします。

いつも演奏する側のドレスをご提案していますが 今回は演奏を楽しむお客様側に添ったものをご紹介します。

生地のこだわり 絹や綿布で永年絞り加工産業地 有松(名古屋)で薄地のサテン生地(ドレス用)に手絞りをして頂いた生地をシルバー向けのドレスに使用してみました。

技術が高度であれば どうしても年齢層の高い方々向けになってしまいますので ドレス全体ではなく パーツ使いにしてみました。

日本には各産地に伝統品、技法が存在していますが
昨今は機械で簡単に再現できる高度な技術で作られ お値段も安くて手に入りやすい物が多く出ております。
それなりに流通も有り良い事だとおもいます。
本来の伝統工芸で丁寧に手作りされた商品が今日風の形にして知ってもらいたい気持ちから この様なドレスをつくってみました。

ドレスになると限られてしまいますので チャミソールやブラウス使用などにすると身近になりますね。

技術の高い有松産地の絞り技法は どんな生地にでも加工出来る技術の高さがまだ存在しています。

高価な物になってしまうと奥にしまってしまい 目に、手に触れる事が少なくなり忘れられてしまいますね。

生地はいつかは劣化しては骨董品ではないので 普段にも使用出来ないかと 小物をつくってみました。

光沢のあるサテン生地はそれなりの存在がありますが 絞り加工を入れるとより以上の豪華さと面白さが出ます。

小物はどんな物にも合いますので お薦めの一点です。