美露土のオーダードレスをご紹介いたします

商品一覧へ

本当に演奏しやすいドレスは、なかなか見つけにくいものです。
ドレス美露土のオーダーメイドなら、演奏用ドレスに対する総てのご要望にお応えします。

安心して演奏会に臨んでいますか?

1.ドレスの腕や身頃は十分に動きますか?

img_kodawari01

通常、身体にピッタリあったサイズが動きやすいドレスなのですが、 ピアノを演奏する場合は、やや前かがみになり背幅に十分なゆとりが必要になります。 そのため、前幅だけでなく背幅にも注意をすることが重要です。

背から脇下、腕の動きがスムーズであるかどうかは演奏中のご自身が一番よく解ります。 美露土では、その辺りの不都合な点やご要望をお客様と充分確認しながら、仕立てていきます。

ピアノの発表会や演奏会のドレスは、演奏する方にとって着心地の良い事が一番ですが、お客様からの視線を集める演奏中のお姿も大事な要素になります。 安心感のあるドレスの着心地は、発表会・演奏会の成功をもたらします。お客様と一緒にあなたの演奏会を成功させたいものですね。

2.そのドレス、重くないですか?

発表会・演奏会用のドレスは、動きやすく安心して演奏に集中できる「軽いドレスが」お薦めです。 日頃の練習は、一番楽なスタイルで練習をされているハズです。 その練習の成果と完成度をそのままステージに持ち込んでいただきたいと思っています。

ドレスが重いと、どこかに負担がかかり演奏力を下げてしまいます。 軽いドレスは仕立て方はもちろんですが、素材選びから始まり、軽さ・丈夫・色がキレイという要素を持っているポリエステル系を用いることが多いです。

ポリエステル系の生地は、デザイン次第で自宅での洗濯が可能になります。 演奏中はたっぷりの汗をかいてしまいますし、その度にクリーニングに出すのは負担も多くなりますよね。 また、遠方での演奏旅行中でも、滞在先のホテルにてご自分で洗濯できます。

*シルク素材がお好きな方もいらっしゃいますが、発表会・演奏会用のドレスは汗をかく事も多いので、お薦めはしていません。

「自宅で洗濯できるドレス」の説明へ

img_kodawari02

3.キャリアを積んだお人柄が出ていますか?

img_kodawari03

若い方々から一目置かれるキャリア層の方々には、最上の機能性と上質の品を持つドレスが良くお似合いになります。

ピアニストは立ち姿と同様に座り姿にも観客の視線を意識しなければなりません。 座った際に身体がドレスに埋もれてしまうようでは綺麗な姿とは言えません。 颯爽とステージに登場し演奏に入る姿勢に違和感のないデザインが上品に見えます。

また、後ろ姿も大切です。 演奏姿勢が綺麗に見えるドレスのデザインはもちろんですが、装飾品などで華やかさをプラスするというもの1つの方法でしょう。 その際には、装飾品が演奏に支障を与えない等の配慮も必要になります。

長年ピアノ演奏をされている方々は、ご自身の個性を出した雰囲気のある演奏スタイルを既にお持ちです。 あなたの個性を活かすドレスを着て、より素敵に見せましょう。

ex.生地について

オーダードレスの素材は、サテン・オーガンジー・レース・ジョーゼットなどが中心となりお薦めいたします。 既製品よりワンランク上の素材がオリジナル性を出し、あなたの魅力を引き出します。

また、お持ちの着物地とのコンビネーションも年代にふさわしいドレスになります。

ドレスのデザインや素材も日々変化し発展しています。 コンクールや発表会などにお召になった思い出のあるドレスは、機会ある度に何かとお召しになりたいものですよね。 少しのリメイクで新しい雰囲気のドレスとして変化します。 美露土では、リメイクも承っております。お気軽にご相談くださいませ。

img_kodawari04

制作事例1 H様(上海在住)

img_voice01

既製品にないものをお探しで見頃をケミカルレース、スカート部分を厚手ジョーゼットで仕上げました。

〜お客様からは下記のご意見をいただきました〜

  • 厚地のレースは身頃にピッタリで、スカートのジョーゼットは広がりがありステージ上でとても動きやすかったです。
  • 襟ぐりのV型ボートネックが気に入っています。
  • ネット動画で試着の様子を見ていただき、色々とアドバイスしてもらえたことが嬉しかったです。

制作事例2 K様(神奈川県)

img_voice02

サイズ探しで苦労されていて美露土に到着。仕上がったドレスが非常に軽くて驚かれていました。

〜お客様からは下記のご意見をいただきました〜

  • どうしても袖が必要なので(茶色の)演奏しやすい袖、キャップスリーブに工夫をしていただいた事を嬉しく思います。
  • 袖下が開いているので大変演奏しやすいです。
  • 座って演奏する際に観客の方にはドレスの右側を見せるので、右サイドにデザインポイントを入れて頂き満足をしています。

これらの事が総て揃って、安心と自信を持って演奏会に臨む事が出来ます。長年のキャリア積んだピアニストの方々には、是非オーダーでの演奏用ドレスをお召し頂きたいものです。

ご質問・ご要望などございましたら、
お問い合わせフォームからお気軽にお尋ね下さい。

〜お電話の場合はこちらへ〜
076-278-7007

長年ドレス制作に携わり、オーダー頂いた多くのお客様から色々なことを学ばせていただきました。
その中で一番大切な事としてお客様にご提案しているのは、仮縫いをする事です。

ドレスをご注文いただくと、実際に制作に入る前段階としてお客様と綿密な打ち合わせを行います。

*美露土の試着ドレスやお持ちのドレス(機能性と着心地の良さが十分あるドレス)から頂くサイズが、制作には一番近いサイズになっていますので、体のサイズ測りはしていません。

デザイン・生地が決まると仮縫いの準備に入ります。

演奏用ドレスの場合、見頃の動きが一番重要になります。ですので、見頃部分はトワール(別生地)にして仮縫いをします。
*腕ぐりや身幅の機能性の確認と襟ぐりやデザイン線のお似合いになるカットラインの確認の為です。

見頃は白生地。
スカートは仕上がり生地。スカートのボリュームや広がりを確認。

また、演奏者は長年の演奏姿勢や演奏のクセがあり、見頃の左右がアンバランスの方も多くいらっしゃいます。
仮縫いではこの点の動き具合なども正確に調整しています。

仮縫いはご自宅でお客様に試着をしてご確認いただいています。

「仮縫いの確認という難しい事ができるんですか?」というご質問ですが、
大丈夫です、ご安心ください!

トワール状態の仮縫いドレスは、ほぼドレスの形になっています。
ご自宅で仮縫いのドレスの試着をして頂き、日頃の練習をそのまま時間をかけて行っていただきます。

その過程で、「腕が十分ピアノの端まで届かない」とか「背中部分が曲のどこかで急にきつく感じられる」など、
実際に演奏するからこそ分かる不都合な点が見つかります。

ショップで仮縫いをしていてもこのような不都合な点は見つけにくいため、ご自宅でお時間のある時に(演奏者は大変忙しいので)このような方法を提案しています。

「仮縫い」についてはこちらでも説明しています

詳細を見る

「ドレス制作の工程」はこちらでも説明しています

詳細を見る

ご質問・ご要望などございましたら、
お問い合わせフォームからお気軽にお尋ね下さい。

〜お電話の場合はこちらへ〜
076-278-7007

サイズはどのように測りますか?

お身体のサイズを測ることはしません。
身体のサイズを計っても実際に演奏する動きには合っていないため、美露土の試着ドレスを合わせていただくか、お持ちの着慣れたドレスをお借りしてサイズをいただきます。

生地や色の確認はできますか?

ご希望の生地や色見本をサンプルとして先にお送りします。

デザインの打ち合わせはどのようにすればよいですか?

お電話かメールでご希望するドレスの大体のイメージをお聞きしてアドバイスさせて頂きます。
その後こちらでスタイル画を描き、ご確認させていただきます。
お近くの場合はご来店いただいて打ち合わせさせていただく事も出来ますが、お電話で必要な条件やご要望をお聞きしております。

仮縫いは出向かないといけませんか?

仮縫いはご自宅に仮縫い用ドレスをお送りいたしますので、ご試着された上で演奏していただき不都合な点を見つけていただいております。
各楽器によって演奏姿勢が異なりますので、ご自宅にて確認していただきます。
(*きちんとした仮縫いのポイントはお知らせしております)
お近くも遠方の方もこのような方法でいたしております。

納期や料金はどれ位でしょうか?

納期は1ヵ月半〜2ヵ月位が目安ですが、お急ぎの場合はご相談下さい。

料金は、仮縫いを入れての料金を先にお知らせしておりますが、仮縫いの回数が増えたり、付属品(装飾)が追加になった場合は追加させていただきます。
送料は、一往復納品分は無料ですが、二往復からは有料になります。

また、ご希望があればご自宅にご訪問させて頂く事もありますが、遠方の場合は交通費はご請求させていただきます。

お客様からのご質問を集めてみました。こちらも是非ご覧ください。

詳細を見る

ご質問・ご要望などございましたら、
お問い合わせフォームからお気軽にお尋ね下さい。

〜お電話の場合はこちらへ〜
076-278-7007