オーガンジー素材のドレスの襟ぐりの作り方

透ける素材(薄地)のドレスの襟ぐりの作り方

中学生の発表会ドレスで チェック柄のオーガンジードレスはいつも人気がありますね。

モノトーンのチェックオーガンジーのドレスのエリ部分の工程をご紹介します。

オーガンジーは透ける素材が特徴で 襟ぐりや袖ぐりの縫い代は透けて表からもそれらの縫い代は見えてしまいます。

透けるオーガンジーと 下に合わせるサテン地などと重ね合わせて 一枚として仕立てる場合もありますが

今回はサテン地を重ねないで 薄く、軽いドレスを作ってみます。

このような時は襟ぐり、袖ぐりの始末が一番大事になります。


表地は通常のぬい合わせの縫製をします。

裏側は 裏地を表パターンと同じものを裁断し 襟ぐり、袖ぐりの見返し部分を裏地に張り付ける様にします。

このような表と裏の二枚を 縫い合わせる方法で仕上げます。

ポイントは 縫い合わせた後 縫い代を細くカットすると 縫い代が透けて見苦しい事にはなりません。

オーガンジーなどの様に 薄く軽い素材は 素材を生かした軽いドレスに仕上がる方が 今風のお洒落感がありますね。

Comments are closed.