ご自宅でドレスの仮縫いができる準備が整いました

仮縫いドレスの準備が整いました。

ご自宅での仮縫い

ご試着いただき実際に演奏をして機能性をご確認いただく為には、ご自宅での演奏が一番です。
演奏家の方々は大変お忙しく、ドレスの打ち合わせや、まして仮縫いの日や時間はなかなか調節出来ないものです。
深夜や朝方にちょっと時間が出来た時、
そんな時にドレスの仮縫いが出来ると嬉しいのではないかとの思いました。

ご自宅で、そしてご本人一人でも簡単に仮縫いが出来る状態にして、ドレスをご自宅にお送りするシステムを行っています。

ご自宅での仮縫いのもう一つの利点は、「試着しながら普段の楽器の練習ができる事」です。
ある程度の演奏をされると、ドレスの着心地の良し悪しが出てきます。体にドレスがどのように馴染むか否か、これが演奏に向くドレスの一番のポイントになります。
ドレスショップでは演奏が出来ませんので、この点がなかなか見つけにくいものです。

演奏中の着心地はご本人でしかわかりません。
ウエディングドレスのように外見に基準を置くドレスは、きちんとしたピン打ちが必要ですが、演奏用ドレスは演奏に支障のないことが最も望ましいです。

写真は、本仮状態ができたドレスで、このようにお送りしています。

ドレスハンガーに入れ ドレス用の箱にてお送りしています。

ドレスの仮縫いは簡単に試着出来るようになっています。
微調整などはお電話・メールなどでご連絡をしております。

多少のピン打ちなどはご自分でもできます。また、ご家族などの厳しい目もきちんとお聞きしながらドレスをお作りしています。

仮縫い時のドレスの輸送は、ドレス箱にてお送りします。
仕上がりの納品時は、無理な箱入れはしません。単品物や無理なく箱に収まるものは箱納品ですが、大きなドレスや装飾品が多く付いたものは、ハンガー納品(ドレスを吊り下げたまま)で納品をしております。

※難しい仮縫いは、2度3度の仮縫いを入れる場合もあります。

仮縫いを入れたドレス作りは絶対の安心があり、この安心をご提供しております。

Comments are closed.