黒ベルベットドレス 本仮縫いを途中に入れます

あらゆる縫製の中で、ベルベット縫製は最高の技術を必要とします。

ベルベットは毛足がある素材で、その毛足が漆黒の色や艶を出し、最良のフォーマル素材になります。
縫い目の毛足を潰してしまうので、縫い直しの出来ない素材です。シルエットを確認したい時などは、仮縫いを一度入れてからの仕上げが良いと思います。

縫製では、二枚の生地がズレないように、所々しつけを入れ縫います。

写真のドレスは黒のレースをはめ込んだデザインです。左裾にマチ状態にはめ込んでいます。

バックの身頃にも黒のレースをはめ込み、少し肌がのぞくようにデザインしています。

漆黒のベルベットと黒レースは相性が良く、より華やかさを演出する時などに組合わせると良いです。

Comments are closed.