ドレスをお直しして、安心してまた演奏会に出ませんか?

ドレスのお直し出来ますよ。演奏用のドレスは高額なものです、次回までにサイズが変わる場合もあります。お直しをして体にフットすると動きがスムーズになり安心して演奏会に望め、実力が発揮できます。お直しお薦めですね。

ドレスのお直しは、その着る人のサイズ変更やデザイン変更 そしてドレス本体の作り方(デザイン性)によって違ってきます。

今、お持ちのドレスをどのようにしたいのか?から お尋ねしています。 ドレスをお召しになっての写真を お送り頂ければ お直しの箇所やお値段のおおよそがお答えできます。

全体のお直し代がお高くお感じになられた場合は とりあえず一番に直す箇所だけでも、など、ご希望に添うようなお直しもご提示しています。

参考例になります。

ピアノ演奏用のキャミソールタイプの上下のドレスのお直しになります。

仮縫いを入れて着る人の体系に添ってお直しをします。
写真はまだお直し途中の様子です。

元のドレスは背開きファスナーでピッタリでしたが ご出産後「バストサイズだけが困っています この先もバストサイズの変化が大幅にあると思うので その都度、調整出来る様にしてほしいのですが」

とのご要望でした。

1、背当て部分を別に作りました(スカート丈調整から生地が残っていましたので その生地を使用しています)
無い場合似た生地や装飾的に別生地を当てることも可能です。

2、ファスナーの向い側を別の当て生地に付けます。

3、ループを付け グログランテープで身頃を締め、調整出来る様につくりました。

4、背当て生地の端はスナップ止めになっていますので この先のサイズ変化があれば片側のスナップを付け替えれば良いだけです。
それも面倒な場合は テープヒモでギュッと締るだけでもOKになっています。

5、ドレスのお直しは身頃、バスト辺りを綺麗にお直しをすればほぼ 堂々とお召しになれますので ドレスをしまい込まないでまたお召しくださいませ。

この後ろ部分のお直しは 後ろの当て布 ファスナー変え、ループ、中に取りついているボーンの付け替えな 肩紐の位置変えなどで
20.000円位になります。

ロングドレスの後ろ調整もほぼ同じくらいのお値段になります。 特殊な装飾付きは拝見させて頂いてからお値段をお知らせいたします。

※「遠方で仮縫いに行けませんが?」
近隣の方でも演奏する人は大変忙しくなさっていますので仮縫い出来る状態の物をご自宅にお送りしています。
ほぼこれ位であろう、までのお直しをした仮縫い状態も物をお送りしますので きちんとした調整はまだお直し可能です。

その仮縫後のものから 気になる処を示していただき 仕上げに入ります。 送料は別途になります。

とりあえず写真の添付から、ほぼお答えできますので 気軽にお問合せ下さいませ。

ドレスは大事に長年お召し頂きたいと思っています。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

Comments are closed.