ベアトップのドレスは胸まわりのフイット感が一番大事になります。

ここ数年 ウエデイングドレスの大半のデザインがベアトップのドレスですが 胸まわりのフイット感が着る人を一番良くも悪くもします。ドレス全体や素材より胸まわりがピッタリその人に合っているか最重要になります。

既製品も多く出回っていますが 装飾品の華やかさや素材の豪華さに惑わされずに 胸まわりがフイットしたものをお選び下さい。

今回は ご自分のサイズだけでご購入されたドレスをその着る人に合わせて 一番綺麗に見える様に胸まわりをフイットするお直しをしました。

同じサイズでも着る人の体系がそれぞれあり サイズと体系は別である事を知って頂きたいと思います。

7号~9号サイズの方のドレスですが 既製品の為バストカップが大きい物が取り付けてありました。

身長が170cm 近くの長身の方なら大きなバストと身長のバランスが取れていますが 身長が160cm以内ではバストの大きい様子はバランスが悪くきれいには見えません。

お召しになるご本人も普段と違うバストの大きさに落ち着かない様子で 楽しいウエデイングパーテーにはならないはずですね。

今回はウエディングドレスの身頃部分 特に胸まわりをフイットさせるようなお直しをいたしました。

既製品のドレスは身長170cm位まで対応出来ますので 身頃の丈も自然に長めになっています。

そして試着をして頂いき その方の一番フイットするバストのトップラインは 2cm位縫い込む必要が出てきました。

大きめのバストも分量を減らしました。

肩部分が付いたドレスの場合はまだ バストはそれほど協調されませんが ベアトップの場合のバストラインは大変注意をしてドレスを選んでいただきたいものです。

サイズと体系は全く違う事を知って頂き ドレスをご購入くださいませ。

ドレスのお直しもお受けしております ご相談などお気軽にお問合せくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.