ウエディングドレス レースの重ね方の仕上げの方法

リメイクでお預かりしたウエディングドレス レースの重ねをして仕上げに入ります。

お預かりした総レースのウエディングドレス ドレスに傷み部分が少なかったので お嬢様のサイズにリメイクをして 再びお召になれる様お直しをいたしました。 総レースのドレスは今日は大変貴重なので デザイン替えとサイズのお直しをしました。

総レースのマーメードタイプのドレスは 身頃からヒップ辺りまで体に添うぴっちりデザインなのでレースの柄の隙間が裏地のサテン一枚になっています。

特に前身頃辺りはレース柄が貧相に見える為 レースを重ねて隙間を少なくする方法があります。(薄いレースに限ります) そんな時のレースの重ねの止め方はミシン糸で細かく丁寧に 表に糸が見えないように止めます。

通常のドレス生地では パターン通りに仕上げますが レースの場合は隙間が網目になっている為 このようなレースの重ねをする場合もあります。

今回は30位前にお母様がお召しになった ウエデイングドレスをリメイク、お直しをさせて頂きました。

お直しをしたい リメイクをしたい とご希望の方は お気軽に お問合せくださいませ。

リメイクの実例になります。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.