ドレスのお直しとドレスのリメイクの違い

ドレスのお直しと ドレスのリメイクの違いをご説明いたします。

1、ドレスのお直しとは 本体のドレスのデザインに添って 着る人に合わせた直し方を言います。

ドレスのお直しは サイズの直し(きつさ、ゆるさ分の調整) デザインによってサイズには微妙に違いが出ていますので

着やすく、動きやすいサイズにお直しすることを サイズ直しと言います。

ドレス丈のお直しは 着る人の身長に合わせ裾上げをします。

既製品の場合は靴ヒールプラス、170c位の身長に合わた製品になっていますのでドレス丈の丈詰めは 丈直しと言います。

この二点が ドレスの場合のお直しは中心となりますが

次にえりぐりの直し えりぐり、胸元の開き具合を直す。

袖ぐりのきつさ、ゆるさの直し 袖が邪魔で外したり、演奏時に腕の動きがきつい時など その人に合った袖ぐりの直し などが

お直し と言う範囲の分野です。

2、リメイクとは こちらの範囲は大変広い範囲になります。

元々あるドレスやワンピース、ブラウス、コートなど 形ある物から違う形に作り変える事 を言います。

例1 お母様のウエディングドレスをお嬢様のウエディングドレスに作り変える
例2 以前のドレスを今風につくり変える
例3 着物から ドレスやコートに作り変える
例4 ワンピースをブラウスに作り変える  など新しく作り変える事をリメイクと言います。

本体のドレスなどで お直しだけでは綺麗に収まらない場合で 範囲を広げてリメイクする場合もあります。

◎お直しは その人が着やすい様に直す事

◎リメイクは新しくイメージを変えつくり変える事  を ドレス美露土では分けて受注をお受けしております。

お尋ね、ご質問などお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

Comments are closed.