着物地からドレスへの仮縫いは、サイズ・シルエットの確認を一番目に

20141116_header

着物地からドレスへの仮縫いでは、サイズとシルエットの確認をまず初めに行います。

パターンに合わせて荒断ちしたパーツをピン打ちして、全体の雰囲気を確認します。

ドレス丈や身巾柄位置のバランスを確認します。

荒断ちでのバランスが良ければ、写真のように仮縫い準備をします。

サイズやバランスが不安な場合は、全工程をしつけ状態の仮縫いにしています。
*このような着物地のドレスは、生地の厚さや柄の大きさもあり、「ピッタリサイズよりゆったり目のシルエット」がふさわしいです。

ドレスの一番重要な所は、ネック回りになります。

今回のリメイクドレスでは、大きな柄が裾にありネック回りは無地になっています。
お客様にとってネックの開き具合は、非常に注意を払うポイントです。
ネックレスとのバランスも大事になりますので、単に「こんなデザインが好き」という好みだけで仕上げるのは危険です。

お顔立ち・表情などとの相性も大変重要になりますので、ネック回りは特に注意をして頂きながら決めていきます。

一回目の仮縫いでは、デザイン・サイズの変更がまだまだ可能ですので、充分に注意して細部のお好みを確認していただき、二回目の仮縫い準備に入ります。

Comments are closed.