着物地使用のドレスは、生地をドレス地に変身させてから製作します

着物地を利用してのドレス作りは、着物をそのまま利用すると、着物生地の良さ・品を損なう事が多々あります。

その理由は、着物は用途が明確で用途に合った絵柄や柄の大きさがあるからです。ですので、そのまま洋装に展開するにはどうしても無理が出る場合が多くあります。
美露土では、生地から細工をし製作しています。

絵羽仕立ての着物地の展開です

全体にパープルオーガンジーを重ね、地色からドレスの雰囲気の色と光沢を付けて製作します

着物の柄を生かし、ドレスの裾部分にのみ柄を出すようにしています。
上半身は柄がなく、ドレープとタックの技法でミセスの方々に好評な雰囲気を出しました。

柄や色合いなど、洋装と和装との違いがはっきりしていて、そのままの使用では違和感で出てしまいます。
品のある物ほど材料からの工夫をおすすめいたします。

Comments are closed.