黒留袖からドレスへ リメイクしたドレスに付属品を用意しました

20140430_header

着物地からドレスへのリメイクで気をつけなけばならない所は、衿ぐりにあります。

黒留袖(着物)は下から上に向ってしっかりした柄があり、着物としては大変良いバランス位置に柄があります。
裾の柄に対して着物の衿ぐりまわりは、表の着物衿・伊達衿・掛け衿と華やかさと厚みがあり、裾柄とのバランスが大変上手く調和しています。その上、日本人ならどなたでも似合う優れ物です。

それらの着物地をそのままドレスへリメイクするには、色々と調和の取れた要素を考えなけらばなりません。
特に衿ぐり廻りがさみしくなるので、このような付属を作りました。

透け感のあるオーガンジーを二枚(色違い)を重ね、下のドレスの様子もわかるようなケープを作りました。
トップ部分に動きが出て、裾の柄の重さとのバランスが取れるようにしました。
お好みで華やかなネックレスもお薦めしますが、柔らかいシルクの生地でネック廻りを華やかにしました。

ケープ・ネック飾りなど付属品を取り外し出来るように用意してあれば、場所や雰囲気に合わせて色々とアレンジができます。
ドレスには小さめの小物(付属品)が用意できていれば、着物着用と同じ様な安心感がありますね。

Comments are closed.