着物からドレスへ 着物を解体し湯のし上がりからドレスのスタートです

20140813_header

着物からドレスへのリメイクは、先ず着物を解体し湯のしで元の反物に戻します。

着物を解体し元の反物につなぎ合わせから湯のしに出し、出来上がった様子です。

生地の柄を生かしてデザインを起こします。

着物の幅と柄位置が決まっているので、それを十分考えて、広がりをパターン作成に生かします。
ドレスの場合は、着物地のように柄のつなぎをぴったり合わせずに図柄をずらした様にすると、広がりと動きが出ます。

Comments are closed.