オーダーのドレスをネットから注文してピッタリのドレスが出来るのですか?

オーダーするドレスをネットから注文して自分に合うピッタリのドレスが出来るのですか?
ご心配は十分解ります。 オーダーを頂いてからの制作工程を説明いたします。

発表会や演奏会用のドレスは見栄えのする色、素材、シルエットなどイメージが出来ますのでネットからの注文でもそれほど心配はありませんが

個々のデザイン、素材でのパーテードレスとなると ミセスやご年配の方々はサイズが、シルエットが どんなものが似合うのかよく解らないしサンプルのデザインなどがあれば良いのに と お問い合わせなどを頂きます。

サンプル提示も考えましたが サンプル提示の前に一工夫を入れる事にしました。

ご注文を頂いたお客様のご要望をしっかり受け止めて衿やネック回り、全体シルエットをお聞きしてデザイン画の提案を先にさせて頂いております。

制作までに時間が少々かかりますが お好みのデザイン(似合うデザインは仮縫い時で修正いたします)の雰囲気を先ず知って頂く事から始めています。

HP上では流れに添った文章なのでお解りにくい事とおもいます。

 

ドレス美露土 でのオーダーを頂き制作させて頂く流れをご説明させて頂きます。

ベルベットのドレスのご要望の場合の制作過程

1、デザイン(全体シルエット、衿ぐり、袖、裾広がり、サイズ、身長、体系、こだわり箇所(えりぐり、ウエウスト辺りに装飾が欲しいなど)ご要望をある程度お聞きいたします。

2、全体スタイルのイメージをスタイル画にして お送りします。 その時に生地のサンプルもお送りします。

3、お送りしたスタイル画から 色々ご要望の箇所を訂正してデザインを また作り込みます。

4、サイズに関してはメジャーで図っても誤差がありますので 今安心してお召しの物(ニット以外のワンピースなどをお預かりしてサイズを頂きます)
ご自身のお召し物からサイズを頂く方がゆるみ、動き分などが一番解りやすいと思っていますので 一度お預かりしてすぐお返ししております。
バスト、ウエウスト、ヒップ、背丈、身長などの寸法だけを頂いてもかまいません。

5、シルエットデザインとサイズが決まりましたら パターン作成にはいります。

6、ベルベットの場合は縫い直しが出来ませんので 仮縫いを数回いたします。(仮縫いドレスはご自宅にお送りいたします)

7、一回目の仮縫いは トワール(別生地でシルエットを起こし サイズ、シルエット、着心地のための仮縫いになりますので お送りした仮縫いドレスはご自宅で着合わせをしていただきます) この時の様子でご都合の悪い点などを修正いたしますので その着合わせの様子を写真などでお送りいただけるとたすかります。
修正が多い場合は またトワールの状態で作り直します。

8、はぼシルエット、サイズが良し となってからベルベットの生地で手縫いによる仮縫い状態にして また客様にお送りし ご自宅で着合わせのサイズ確認、仮縫いをして頂きます。 また、ご都合の悪い点などお知らせいただきます。

9、ベルベットはミシン縫いをしてからの縫い直しが出来ませんので 良しとなるまで 仮縫いをいたします。

10、シルエット、サイズ、機能性が十分となってから ドレスの縫いの工程に入ります。 ここでドレスの裾が決まらない場合も有ります(靴がまだ決まっていない時) 全体を仕上げて 床までのドレス丈か 足首丈が良いかなど靴によって決まります。

以上のような流れで 遠方の方々の仮縫いを入れてのドレス作りをしております。

お近くであればお越し頂いたり、ご自宅への訪問をさせて頂けますが わざわざ遠方からお越しいただかなくてもう良い様 こちら側が努力をしてドレス制作をいたしております。

制作期間 2ヵ月位頂いております。

まだ十分にお伝え出来ていない部分もあると思います。 お電話でのやり取りの方が制作の様子をお伝え出来るとおもいますので

ご不安やご質問など いつでもお気軽にご連絡くださいませ。

TEL  076-278-7007

ありがとうございました。

ドレス美露土   湯谷知子

Comments are closed.