チュール素材のドレスは夢がありますね。

600-siro

クラッシックバレーの衣装やウエディングドレスに使用されるチュール素材は ドレスへの最初にあこがれる素材ですね。

最近は色やハードからソフトまでの生地質も豊富になり プリントが乗ったりと色々カジュアル面にも広がっていますが

無地で表現するドレスは いつの時代には夢をそそりますね。

写真は子供のドレスのスカート部分です。

ソフトチュールは段々重ねにしてギャザー入りにすると広がり出るので お好みのボリュームはギャザーで調整出来ます。

チュール素材の特徴は 生地の端を断ち切が仕上げになりますので ウエスト部分が決まったら 裾線を切揃えます。

大人のドレスも裾端は断ち切になります。

生地はメッシュ状態なので 縫う時が穴に針が落ち糸が切れやすくなりますので注意が必要です。

生地を多く重ねると華やかさとボリュームが出ます。

Comments are closed.