ウエディングドレスお母様からお嬢様へ 今風にお直しをしてお召しになります。

robonn-1

ウエディングドレスお母様からお嬢様へ 素材の良いドレスは少しのお直しで新しくお召しになる事が出来ます。 二代に渡っての思い出話は二重の幸せがやって来ますね。

20年以上前にお母様がお召しになったウエデイングドレス お嬢様の結婚が決まり思い出して取り出してみたら 何とか着れるんじゃないの と

ご相談に来店頂きました。

総レースは今は貴重な存在である事をお伝えし 色々と各部分をみても傷みはなく 「少しお直ししてお召しになりませんか」と申しましたら
「着れる様になるのなら是非結婚式に着たいです 母のドレスデザインが好きなんです」 とドレスを復活することになりました。

お召しになると サイズが少しゆるく マーメードドレスの特徴を強調してみます と 少しの手直しで母娘二代にわたってウエディングドレスをお召しになる事になります。

ご祖母様もお元気とお聞きし 「物語がいっぱい生まれますね」 と「早々あんなことがあったわ」など ウエディングドレス一着でいっぱい話がはずんでいました。

二代に渡って同じウエディングドレスをお召しになる事は なかなかありませんが

もしお母様がドレスをお持ちであれば一度ご覧頂き お直しで着れそうな時は いつでもご相談くださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

Comments are closed.