ドレスのアンダーに使用する パニエの選び方について

ドレスのアンダーに使用する パニエの選び方についてのご提案です。

ドレス本体にボリュームを出したり、シルエットを綺麗に出す為にドレスの下にパニエ(ペチコート)を使用します。

一般には白が多く生産されていますが

ドレス美露土ではオーダーのお客様は演奏される方が多くその時にご注文頂いた場合ベージュ色のパニエをお薦めお作りしています。

白のウエディングドレスは白のパニエで良いのですが 演奏用のドレスは色物が多く、ベージュ色がどの色とも相性が良くお薦めしていますが

一番の理由は 演奏者がドレス姿でステージに上がる時やステージの中央まで歩く事など ご本人は意外と気付いていないようですがパニエはドレスの下から覗いているのです。

ドレスを持ちあげて歩いたり またお辞儀をしてくるっとターンをして下がる時などパニエは意外と見えてしまっています。

赤いドレスや黒いドレスで演奏されていると 演奏曲とドレスの色が良く調和して お客様をうっとりさせていますがちらっとのぞいた白のパニエはハットさせられます遠目にも目立ちますね。 白は下着のイメージがあるからなのでしょうか?

そのような演奏会に何度も遭遇すると 違和感の無い色のパニエはないものだろうかと想いベージュ色のパニエを提案してみました。

オーダーを頂いたお客様の演奏会に行ってみますと パニエ丈はドレス着用には控え目の丈になっていますが 自由に動いた時にちらっとみえる時がありました。 ベージュ色は表の色との違和感があまりなく

お客様にご提案したい色だとわかりました。

写真はジュニアドレス用(中学、高校生向き)の足首丈のドレス用に作りました。

オーダーでお作りしていますので 丈、ボリュームはお好みで調整できます。

ピンクのドレスは下にパニエを着用している状態です。

ドレス本体にボリュームを付けるよりパニエを別仕立てにした方が次のドレスにも間に合い経済的ですね。 丸める事が出来持ち運びも簡単です。

http://www.azamiya.com/item/PW-A1/ ← こちらは大人用のパニエ丈になっています。 ご参考まで。

パニエも本体のドレス丈、ボリューに合わせると良いと思います。 パニエはオーダーでお受けいたしております。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

Comments are closed.