オーダードレスの最後の工程はその着る人に合ったドレス丈を決めます。

オーダードレスの最後の工程はその着る人に合ったドレス丈を決め仕上げにはいります。

オーダードレスの場合は お客様のサイズに合わせるのはもちろんですが ドレスの丈もそのお客様にきちんと合っていなければオーダーする芋がありません。

ドレスの場合は デザイン、生地の重なり、生地の伸び分なども有り 身頃が出来上がり、全体がほぼ仕上がった段階で ドレスの丈(裾位置)を決めます。

ドレスの丈(スカート丈)は靴を履き 静かに立った状態で床面すれすれが 前スカートの一番綺麗な位置になります。

足をスート出したと時に靴の前部分が見える状態が一番きれいになります。
前中心からやや前脇にかけて、床面すれすれで 脇丈からはいくらか長めになり後ろ中心に向かってトレーンを引く、引かないは好みですがいくらかは長めにします。

前中心あたりをきちんと床すれすれに成っていれば(この部分が一番重要です) あとはお好みと生地、デザインのバランスからドレスの裾の流れ、長さを決めてゆきます。

※ドレスの前スカートの裾丈位置が綺麗に決まっているとドレス全体のイマージがとても素敵にみえますね。

Comments are closed.