黒ドレスの素材 裾にスカラップ柄を配するジョーゼット

 黒ドレス 裾にスカラップ柄を配するジョーゼット素材

黒ドレスに使用する素材は色々ありますが 裾にスカラップ刺繍のあるジョーゼット素材はいかがでしょう!

生地の一方端にのみ スカラップ刺繍を織り込んで作られた生地になります。

生地巾が 110c位の巾なので ドレスにする場合はウエスト位置で接ぐデザインか

スカラップ柄を二段階にすれば胸当たりの切り替えのデザインも可能になります。

シンプルに 裾に柄を置き 袖口にスカラップを配するデザインも良いでしょう。

刺繍部分の糸にラメ糸が織り込んでありますが 黒スパコールも模様の中に飛ばしても素敵になります。

黒で統一するオーケストラなどの場合 ちょっとお洒落なこのような刺繍のある素材もお薦めですね。

ジョーゼット生地は立ち姿はスリムでシンプルな印象になりますが

裾広がり分を十分にあれば 座って演奏する時、広がって大きく優雅に見えます。

ロングドレスも素敵です。 また、ブラウスとスカートの2タイプも素敵ですね。

Comments are closed.