タックブラウスのパターンの作り方を動画にしました

タックブラウス 又はドレープのある物のパターンの作り方

タックやドレープの動きのあるブラウスは パターン通りではきれいな仕上がりラインがでません

生地の織り方の方向性や 薄さ、厚さも関係しますので 荒断ちをしてパターンで描いた仕上がり線で一度ボディーに合わせてみます。

タックの方向やドレープの方向も変わってきますので ボディーに合わせて方向を決め直します。

これが立体裁断で一番大事な仕事になります。

パターン上で良しとしたタックの方向が随分変わります。

この赤線の位置が ボディーに添ったタック方向になります。

動きのあるデザインは 必ずボディーに着せて作業を進めなければなりません

ただし タック、ドレープの方向がボディーに添っていれば良いものでもありません。

オーダーするお客様の好みをそこに入れなければなりません。

タック分量の大小やタックの本数など それぞれにお好みがありますので

お客様がオーダーする醍醐味は 自分好みに仕上がる事なので

その気持ちに添うように オーダーでの制作を心得て仕上げています。

ブラウスですが タックの流れや ドレープは大変な要素ですので 形が決まるまで 仮縫いを何度も入れ仕上げをしています。

Comments are closed.