黒のドレスには 黒のパニエ(ペチコート)がお薦めです

黒のドレス 又は黒系統のドレスには 黒のパニエ(ペチコート)がお薦めです。

演奏用のドレス 最近はスレンダータイプが多くなっていますが 時と場面によって幾らかの広がりが見た目にも華やかになる場合もあります。

ドレス本体に広がり分があれば パニエを下に合わせるだけで十分に広がりが出ます。

ドレスとパニエはいつも別々にされてている方が 着回しが良く重宝しますね。

 

黒系統のドレスには黒のパニエをお召しになる事をご提案いたします。

一般に市場では 白のパニエがほとんどで 当然白のパニエをお召しになっていますが 疑問を持つことが多く 黒のパニエを作ってみました。

どのような疑問を持ったかと申しますと

パニエはドレスの下に合わせるので ドレス丈より5~6cm短くお召しになります。

ドレスをお召しになった段階では 問題がありませんが ステージ上に移動する時や 演奏が終わり挨拶をしてターンをして下がる時など

ドレスのスカート部分は体に添わない別の動きをしています(裾にボリュームがあればなおさら動きます)また、裾部分がめくれている場合もあります。

そのような時に 白いパニエがちらっと顔を出しています。

黒のドレスの下に 白のパニエがのぞいている様子はご本人はわかりませんが お客様の目にはしっかり見えています。

素晴らしかった演奏も なんか最後のこんな様子で冷めてしまう場合がよくあります。

最後まで 演奏もドレスも素晴らしかった の印象をお客様にご提供されれば 演奏会は大成功ではないでしょうか。

そこで このような黒のパニエの大事をご提案しています。

黒系統のドレスには 黒の下着を召されていますよね。

パニエも同じ ボリューム出しと下着の役目をしています。

白系統のドレスには白のパニエ  黒系統のドレスには黒のパニエをご用意いただけると安心ですよね。

ウエスト部分 腰回りはフィットするように 裏地で薄く仕上げています。

ドレスの裾全体にボリュームが必要でも ピアノ演奏の時は 座る姿勢になるので 腰のボリュームは必要ありません

ウエスト回りはすっきりと このようなラインにしています。

ドレスによってはバルーンタイプもありますので バルーンタイプのパニエもお作りしています。

パニエのご希望の方は このページをご覧頂き 又お問合せくださいませ。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.