演奏用ドレスには、何故ポリエステル素材を使用するのですか?

演奏用ドレスとは、
演奏者にとっては華やかさが第一より、機能的で演奏しやすい仕事着の感覚があります。

時には1時間以上の真剣な熱の入った演奏もあります。演奏者は、スポーツ選手と同じように演奏中は大量の汗をかいています。長時間の演奏でなくても、緊張感と集中で汗はしっかりかいています。

汗をかいたドレスは、風通し良く乾かしたり、すぐ洗濯をしなければなりません。
シルク素材や綿素材は、肌触りが良くやさしく高級感がありますが、汗の後処理は、黄ばみや変色のおそれがありますので、大変慎重に、しかも急いで行わなければなりません。
また、素材がデリケートなので、クリーニングを重ねると、シルエットの変化やゆるみが出やすくなります。

ポリエステル素材の場合は、デザインや裏地の扱いによりますが、ご自宅でも洗濯が可能です!

ポリエステル素材は、

  1. 生地が丈夫
  2. 軽い
  3. 色の発色が綺麗
  4. 洗濯ができる

・・・などのメリットがあり、
演奏用ドレス・発表会ドレスには、ポリエステル素材をお薦めしています。

装飾品・ビーズ刺繍・コード刺繍は、ドライクリーニングが可能ですが、コサージュなどは取り外し可能の物が良いでしょう。

Comments are closed.