【お得な情報】演奏用ドレスの選び方

誰も教えてくれなかった「演奏用ドレスの選び方」をお教えします。

ドレスは演奏者の事を一番に考え、華やかさの裏に機能性を十分にふまえたものでなければならないと考えています。

1. 軽い

本番は日頃練習している状態で望む事が最も良い。その為に練習時に着用できる位の軽いドレスが望ましいです。

2. 動きやすさ

腕ぐりや身頃など、演奏に支障のない動きがある事。演奏中の足さばきがスムーズな物。

ステージの袖から中央までの歩きは注目の的です。良い演奏をする為には、颯爽と出演したいものです。ドレス丈が合っていなかったり、ドレスの歩幅が十分でないと、動揺して演奏に支障が出ます。

3. 安心・安定感

とかく演奏中の姿勢にとらわれがちですが、演奏前後の姿勢も大変目立つものです。安定感は、ドレスの上半身がその人に合っているかという事が一番のポイントになります。
その安心感が見ているお客さまにも、伝わり良い演奏につながります。
不安のあるドレスをお召しの場合、胸辺りを触ったり不自然な動きが出て、お客様もその動きに目を追ってしまいます。

4. 素材選び

演奏時は大量の汗をかいてしまうので、ドレスはスポーツウェアと同じと考えています。
吸湿速乾性の裏地がお薦めで、身頃はストレッチ性のある物も向いています。

素材は、軽くて発色の良い物。デザインにより光沢やドレープのキレイな物などが望ましいです。

美露土がお薦めする演奏用ドレスは、ポリエステル素材です。
軽く丈夫で色がきれい、シワになりにくい、吸湿速乾性があり、自宅洗濯が可能などの特徴を持っています。

天然繊維は、使用後の素早い手入れが重要になります。

以上の要素があるドレスを着用すれば、
演奏会・コンクールで十二分に実力発揮できるのは間違いなしですね!

Comments are closed.