ウエスト切り替え位置でドレスのイメージが随分変化します。

ドレスのウエスト切り替え位置は、ドレスのデザインのなかでも重要な位置を示します。

ドレスの一番大事な所は、顔周り・衿ぐり・胸周りで、上半身に自然と目が行きます。ここの部分がしっくり来ていないと、どうしても観客の目が集中して着用している本人も落ち着きがなくなってしまいます。
この上半身をしっかり収めていれば、後は好みのデザインにする事でだいたい似合って行きます。

今回は、二番目に目に付く「ウエストのデザイン線」についてご説明いたします。

【ドレスのウエスト切り替え線】

  • ジャストウエスト(ウエスト位置)
    切り替えは基本形ですが、身頃とスカートのバランスは大事になります。素材やデザイン、体系など総てに目配りをしてウエスト線を決めます。パターン上の位置だけでは、不自然な線が出る場合もあります。
  • ハイウエスト(ウエスト位置より上の方で切り替え位置はデザインにより変化します)
    素材とデザインがポイントになります。ジョーゼットなどは身体に添うため、バスト下切り替えなどが素敵に見えます。サテン系の素材は切り替え線が粋に見え、Aラインの裾広がりが素敵に見えます。
  • ローウエスト(ウエストより下の切り替え)
    ロングドレスなどでは、やや大人の雰囲気が出ます。デザインや体型によりローウエストの切り替え線が変わります。

上記のような切り替え位置が一般に多く利用されています。

写真は前から後ろに向って斜めに切り替え線をいれています。

特徴は身長が高く見え、ウエスト位置を強調しないので、ウエスト周りがすっきり細く見える事。(切り替え巾にもよりますが 御自分に一番合う位置、巾を確認します)

このような切り替え位置は、ウエディングドレスに良く用いられる切り替え線です。
大きめドレスで素材も厚地で長めのトレーンがあり、大きな会場で映えるドレスに良く見られるデザインです。

このドレスは薄地のオーガンジー素材を使用して、大きな切り替え線をいれてみました。オーガンジーはロングドレスのスカート部分にたっぷり入れると会場やステージ上で大変良く映えます。
ロングドレスをお召しにならない方々には、およばれ用のパーティードレスとしてお召しいただける様に、ギャザーも控え目でドレス丈も少し短めのデザインを起こしました。

生地が薄い場合、ウエスト線の横線切り替えは幼く見えるので、斜めの切り替えラインを入れ大人っぽく見えるようにしました。素材や色を変える事で華やかで大きめのドレスのデザインをパーティー用のドレスに取り得れる事も出来ます。

薄い素材や色の淡い物は、切り換え線を大胆にする作り方がおしゃれなドレスになります。軽く爽やかさがありますので、色を変える事で高校生向きの演奏用ドレスにもご使用いただけます。

Comments are closed.