ドレスのお直し キャミソールのサイズ対応の方法

ドレスのお直し、キャミソールの場合 その時のサイズ対応にする場合の方法

上下、別仕立てのキャミソールのお直しの方法をご提案しています。

演奏用ドレスやパーティードレスなどは次回にお召しになるまで 時間が空いたりしますね。

ドレスはフィットしてお召しになるのが一番きれいなので 次回までの間にサイズの変化があったりします。

その時はやはりお直しをして お召し頂きたいと思います。

多少のサイズ変化は 本体の縫目で巾の調整をしますが サイズが大きく変化している場合は 別布の背当てを作り飾りヒモで締めるお直しをしてみました。

演奏用ドレスでは 楽器の種類によって難しい場合も有りますが 今回はピアノを演奏される方のお直しになります。

キャミソールの場合は面積も小さく、生地の重さも気にならずお直しが出来ますが このようなサイズなおしでロングドレスの場合は内側にもうひと工夫が必要になります。(スカート部分が長く、重さも加わりますので)

お直しでご質問があれば お気軽にお問合せ下さい。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

Comments are closed.