演奏会、発表会などでお召しになるドレスには、演奏曲の披露以上の効果がありますね。

演奏会、発表会などで、演奏られる方のお召しになるドレスには、
演奏曲の披露以上の効果があると報告されています。

演奏会や発表会の演奏者のドレス姿は、演奏を聴きに出かける人達の楽しみでもあります。

演奏会は当日 演奏される曲を、聴きたくて出かけるのですが 演奏者の演奏スタイルやドレスに目がいってしまいます。

誰もが 説明なくても 演奏者と演目との外見のスタイルを一瞬にして見抜いています。

全体に優しいイメージの曲に 大胆なデザインや大胆な色のドレスはだれの目にも違和感を覚えます。

その反対に 激しい、感情的な曲に 淡いドレスも やはり違和感を覚えます。

演奏者にとっては 曲に合わせた衣装の準備も大変でしょうが

どのような曲でも合う 白、黒のドレスも、また聴衆者はあんまり楽しくありませんね。

演奏される側には 聴衆者の声はあまり届きませんが

演奏者のお召しになるドレスの印象が良いと 一瞬にして聴く側は、ステップアップして 好感度が増すというデーターも有ります。

視覚から入る印象も 音楽に良い印象を与え とても大事なことのようです。

演奏者は演奏はもちろんですが

五感に届く配慮もどんどん要求されるようになってきていますね。

いつも新調すれば良い物ではなく バランスの、センスの良さが その人(演奏者)を演ずることになります。

演奏者のドレスに注目される事と その人のしぐさにも注目されていますね。

舞台袖から中央にまで歩く姿勢にも その人のしぐさ、今から始まる演奏まで 想像してしまいます。

見られる事にも 演奏力を上げる要素がありそうですね。

 

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

 

 

Comments are closed.