ブラウス、ドレスのドレープ作りはボディーに合わせて修正をし直します。

ブラウス、ドレスなどのドレープ、タックの作り方はボディーに合わせて修正をします。 立体のふくらみや生地の落ち感などが異なりますので ボディーに合わせて正確なパターンの作り直しをします。

 

元パターンから ボディーに着用した後の修正のパターンになります

タック方向や分量 生地の素材によってもタック位置が異なってきますので 立体のボディーでの確認は必要になります。

今回は見頃だけのドレープ位置ですが スカート部分や袖に ドレープやタックが入った場合は

各パーツごとにドレープの方向、位置を確かめ確かめを入れ その後に全体をつなぎ合わせる様にすると ドレープの方向がきれいに決まります。

同じデザインでも素材によって分量、方向は異なりますので ピンワークで確認が必要になります。

ドレープ入りは 大人の女性の雰囲気が表現出来ますので 慌てずに丁寧な仕事が要求されますね。

Comments are closed.