巻きスカートに重ねるオーバースカート 実は大変手間がかかります。

今、お持ちのドレスやスカートにちょっと別の雰囲気をあしらいたいと
思った時には ふんわりと透明感のあるオーガンジーやジョーゼットを重ねての
オーバースカートを事を思い浮かべますよね

良い案ですが本体のシルエットを壊す事の無い様にしなければまりません。

一案として 巻きスカートの上にオーバースカートを重ねてみました。

この巻きスカートは本体のスカートが円断ちに仕上がっているので それに添うように重ねるオーバースカートも円断ちに裁断しました。

円断ちで注意をしなければならない事は 一枚の生地に横地、縦地、バイヤス地の生地方向が3か所に動く事です。

この3方向があるからこそ 生地のフレアーがきれいに出るのです。

生地の流れによってのフレアーをボディーに合わせて荒断ちをしておおよそのシルエットを決めます。

オーバースカートを巻きスカートの上に重ねた状態になります。

シルエットに合わせたラインイに仕上げていますので本体のスカートと一体の様になっています。

重ねてよりよくする為には 添い合わせる事が一番大事になります。

単に上に乗せれば良い と言うものでもないですよね。

本体のもとの巻きスカートです サテン地なので落ち感が良く体になじみます。

オーバースカートは オーガンジー素材を使用しています。 生地は少し張感があり シルエットにより広がりが出て こも広がりが華やかさにもなります。

オーバースカートは一枚を重ねる事と 簡単に考えがちですが 本体のシルエットに添っていないと良さが半減しますね。

本体に成るシルエットを良く観察して オーバースカート、オーバードレスが生かせれば素敵ですね。

色々のオーバースカートがあります。ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

http://birood.jp/birood-blog/topics/advice/3179/

 

Comments are closed.