演奏用のドレスの内側 汗など気になる事はありませんか?

演奏用のドレスは裏地の選びも大事になります。

演奏用のドレスは 通常のパーティードレスと違う事は それを着用して演奏(仕事の場合もあり)する点が一番違います。

演奏会でも 会場のBGMでも 生の演奏をしている以上 真剣に演奏している時点で汗を大量にかいています。

真剣に取り組んでいればなおさら 汗の量も多く 汗のベタ付感から演奏中に不快な気分に遭遇した経験はありませんか?

演奏中に気になった汗は 演奏が長ければ そのベタ付が冷えて体の調子が悪くなり演奏が出来なくなる場合もあります。

ドレスの表面の様子(色、素材、デザイン)ばかりに気が捕らわれがちですが 演奏をされる方は是非裏地の素材にも気を使って頂きたいと思います。

一般に市販されているドレスは 裏地は身頃もスカートも同じ ポリエステルやキュプラ素材になっています。

間違いではありませんが 演奏者にとっては これらの裏地が汗をかいたとき ベタっと肌に張り付いて来ます。

チョッピリこだわって仕立て上がっているドレスは裏地選びもこだわっています。

ドレス美露土では 総てオーダーを頂いて制作しますので 演奏用のドレスには汗のベタ付の無い吸湿速乾性裏地 を身頃側に付けています。

キュプラのような するする感がないので ご希望されない方もおられますが 演奏用ドレスの場合はこの素材をお薦めしています。

スカート部分はキュプラ地 で身頃部分は吸湿速乾性裏地を使用しています。

素材はポリエステルですが サラサラ感の裏地になっていますのでベタ付感はありません。

「ハードな演奏でも 汗の不快感はありませんか?」  ( 完璧ではありませんが ある程度までは汗のベタ付感は解消されます。)

「何故 身頃だけですか?」   (身頃に汗が集中するのと スカート部分は滑りの良いキュプラ生地が表生地との調和とふくらみが良い
身頃はぴったり体に添うものなので一番気になります)

ピアノやバイオリンの発表会や演奏会  ワンランク上を目指すコンクールなどは日頃の練習を発揮する大事な時です。

ドレスの表地(華やかさ)以上に 裏地にも気を付けて頂くと 120%の力が発揮出来て大成功となりませんか?

市販のドレスで裏地が心配な方は 綿薄地のタンクトップをお召しになって演奏会に望まれても良いでしょう。

ドレス美露土でオーダーを頂いた場合は裏地の選び方もきちんとアドバイスをさせていただいています。

表からはこのように 何の変化もなく 通常のドレスとしてみえます。

裏地の良さは 演奏会に安心して望める要因となりますね。

 

 

 

 

 

Comments are closed.