ピアノ演奏用ドレス 動きやすい袖の工夫

20141017_header

ピアノ演奏用ドレスで袖付きをご希望の場合、演奏に支障がないような工夫が色々とあります。

キャリア層の方々になると、「ちょっぴり袖がある方が安心」とご希望される方が多くいらっしゃいますね。
今回は袖下を突き合わせて、ゼロにした袖を作ってみました。

見た目には小さ目のギャザー袖に見えるように仕立てています。

袖下はこのように突き合わせになっています。

袖下の縫目がないので、ピアノ演奏がしやすくなっています。
袖付のドレスは、大き目の袖やギャザータックの袖などが演奏しやすいというご意見を時々耳にしますが、ピアノなど座って演奏する場合は、腕の動きで顔が隠れたりしていて、演奏中とても気になってしまいます。

「見た目には普通に小さく演奏の動きが十分にある」
こういう袖作りが演奏用のドレスにはふさわしいのではと、今回のご依頼で作ってみました。
ジョーゼット素材で柔らかく、肩への負担もないので、素晴らしい演奏になる事は間違いなしですね!

ピアノ演奏用ドレスに袖付きドレスを作りました

20140830_header

ピアノなどの演奏用ドレスに袖付きのドレスを作りました。
市場のほとんどが袖なしドレスが多い中、オーダーだからこそ作れる袖付きのドレスのご提案です。

袖・襟・ヨーク部分は楊柳ジョーゼットで透け感とソフト感があり、ピアノ演奏などの動きにも違和感のない素材です。また、透けている事でドレスが重く感じません。

実際に軽くソフトな素材です。
スカートの接ぎ部分にも同じ素材を組み合わせています。
柄の部分は着物地を利用して、上に同色のオーガンジーを重ねて作っています。

素材に柄物(着物地)を利用する事や、袖付き(丈は色々お好みに変更)のドレスにする事で幅広い年齢層の方々にもお召しいただけます。
着物地を利用する場合は、全面に使用しないで別素材との組み合わせると品の良いドレスになります。
ドレス美露土では、お持ちの着物からのドレスへのリメイクもお受けしております。

お気軽にお尋ねくださいませ。

先ずピンワークでドレスのイメージを作ります

20140521_header

大人のピアノ演奏用ドレス

大胆なプリント柄からデザインのイメージを作ります。
中堅の先生方(40代~)のピアノ演奏用ドレスにサテン地のプリント柄を提案してみました。

大柄プリントは、露出の多いストラップレスドレスが良いのですが、中堅層の方々は、二の腕の露出を嫌われる方が多くいらっしゃいます。
共生地で袖を作った場合、大変重い印象を与えてしまいます。

衿ぐりを広めにしていますが 重いドレスになってしまいます。

袖部分をオーガンジーで形つくりました。

生地のピンワークで大体のイメージを構成して、生地の落ち感や広がり等も考慮に入れ、またお客様のお好みも取り入れてデザインを起こします。
大人の演奏様ドレスは、生地によっては広がりよりドレープを入れても良いように思います。

ジュニアドレス 袖にポイントを付けました

ジュニア演奏用ドレス
可愛らしく華やかな袖がポイントのドレスです。

中学生くらいのお嬢様方は、身長は伸びても身幅がまだ細く、子供体型の方も多く見受けられます。
ピアノ演奏など座った姿勢の時、ノースリーブのドレスでは身頃や腕が細いと貧相に見える場合がありますので、ポイントになる袖付きドレスをご提案いたします。

座った際、スカートの広がりに対して身頃部分が小さいので、羽のような二枚袖で細い腕をカバーするように作りました。

袖山を開けピアノ演奏などで腕が十分に動くようにゴムを渡し、その上に前後の袖部分を重ねる様にデザインをしています。

前後の羽にはタックを入れてボリュームが出るようにしています。
二枚を重ねると立体的なチューリップの花のようなイメージの袖になります。
動きやすくボリュームがあり可愛らしいイメージの袖は、ジュニア(中学生)の演奏用ドレスにお薦めです。

お客様より嬉しいお便りを頂きました

昨年、高校生向きピアノ演奏用ドレスをご注文頂いたお客様より嬉しいお便りをいただきました。

ピアノを演奏されているお嬢様が
見事、東京藝術大学に合格されました。
おめでとうございました!

石川県 N様(お母さま)よりお礼の言葉を頂きました。

夏に作っていただいたドレスは、12月の発表会と、1月の発表会に着用しました。
ステージ栄えもよく、演奏もよい演奏が出来ました。
小学生や中学生が無理にロングドレスを着ている中で、体にあったドレスは見ていて良かったです。

発表会でいつも思うのは、小学生や中学生が無理にロングドレスを着ていて、体つきにドレスがあっていないのが、見苦しいなという事です。
曲も大曲で、それなりに上手な子たちなのですが・・・身長も低く、胸もないので本当に無理をして着せられている感じがします。
親御さんの意向だと思いますが、もう少し考えてあげればいいのにといつも思います。
本当に、小学校高学年から高校生くらいのドレス選びは難しいですね。

そんな時期に御社と出会うことが出来、年齢にあったドレスで発表会に参加できたことは本当によかったです。

娘は、ピアノ専攻ではないので、これからは楽しみで発表会に参加するくらいですが、去年のドレスを着まして、また機会がありましたら、新しいドレスももとめてみようと思っています。

ご報告方々、お礼まで。

オーダーさせて頂いたドレスが大変気に入って頂き、また美露土のドレス作りのこだわりをご理解頂きありがとうございました。

〜写真は、昨年オーダーを頂いたドレスです。
お嬢様のお好み「のだめカンタービレ」風に製作させていただいた商品です〜

のだめカンタービレ風ドレス

チェック柄が高校生らしさがあります

美露土は、発表会・演奏会用ドレスをオーダーで製作しています。

その理由として、お嬢様方の長年の演奏姿勢やくせ、また各々の楽器による動きの違いから、既製品ドレスでは十分に機能性を補えない事にあります。

中学・高校生の方々には、音大を目指す大切な大きなコンクールがあります。そのコンクールに向かう、日ごろの実力を120%出し切りたいものです。
安心して実力を出し切る為には、ご自分の動きにピッタリのドレスが最良と考え、オーダーをお薦めしています。

オーダーは既製品よりいくらかお値段が上がりますが、ご自分だけのドレスになります。
また、成長に合わせリメイクも出来ます。
コンクールという大一番には、安心感のあるオーダードレスをお薦めいたします。